ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
China Report 中国は今

上海万博で米中蜜月を誇示
中国でエコカー覇権狙うGMの虎視眈々

姫田小夏 [ジャーナリスト]
【第45回】 2010年2月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 今年5月1日の開幕が迫る上海万博。この万博で上海汽車(SAIC)とGMがグローバルスポンサーを務めることは、意外と知られていない。

 グローバルスポンサーは10社。うち多国籍企業はGM、シーメンス、コカ・コーラの3社のみ。なぜ、トヨタでもVWでもなく、GMなのか。

 上海万博は史上記録を更新する192カ国と50の国際機関が出展、そのテーマは「より良い都市、より良い生活」、すなわち持続可能な都市の発展だ。自動車業界に期待されるのも環境に配慮した新エネルギー車(*1)であるわけだが、ならばトヨタやVWの技術のほうがよほどGMよりも進んでいる。

(*1)ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池式自動車、水素エンジン自動車などの新エネルギーを動力源とする自動車の中国における総称。

 そもそもGMといえば、M&Aで大きくなった企業だ。負の遺産はあれど自前の技術力がないだけに、グローバルスポンサーに選ぶのは合理性を欠く。

 1業種1社という独占的な契約の、そのスポンサー料は約50億円。スポンサーに手を挙げたGMと、それに頷いた主催者側の思惑を「中国が欲しがる次世代の技術と、GMが欲しがるレアメタルで一致した」とささやく者もいれば、「中国で販売するための、形を変えた米政府の支援だ」と見るジャーナリストもいる。

新エネルギー車をめぐり
米中の蜜月は進む

 一方、SAIC(*2)とGMが共同で出展するSAIC-GM館が、いま静かに注目を集めている。「パビリオンではSAICとGMとが共同開発した世界戦略車が発表される」――。そんなことが、某日系自動車メーカー駐在員の一部でささやかれているのだ。国有のSAICと”Government Motors”(国有化されたGM)、一民間企業を超えた国と国との戦略が絡むだけに、心中穏やかではない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

姫田小夏 [ジャーナリスト]

ひめだ・こなつ/中国情勢ジャーナリスト。東京都出身。97年から上海へ。翌年上海で日本語情報誌を創刊、日本企業の対中ビジネス動向を発信。2008年夏、同誌編集長を退任後、「ローアングルの中国・アジアビジネス最新情報」を提供する「アジアビズフォーラム」主宰に。語学留学を経て、上海財経大学公共経済管理学院に入学、土地資源管理を専攻。2014年卒業、公共管理修士。「上海の都市、ビジネス、ひと」の変遷を追い続け、日中を往復しつつ執筆、講演活動を行う。著書に『中国で勝てる中小企業の人材戦略』(テン・ブックス)、共著に『バングラデシュ成長企業 バングラデシュ企業と経営者の素顔』(カナリアコミュニケーションズ)。

 


China Report 中国は今

90年代より20年弱、中国最新事情と日中ビネス最前線について上海を中心に定点観測。日本企業の対中ビジネスに有益なインサイト情報を、提供し続けてきたジャーナリストによるコラム。「チャイナ・プラス・ワン」ではバングラデシュの動向をウォッチしている。

「China Report 中国は今」

⇒バックナンバー一覧