ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
商社を支える“いまどき” ビジネス

“50ドルスマホ”普及で新興国ローカル端末が急伸!?
低価格携帯端末に向けた三井物産の狙い

【第9回】 2013年4月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2013年は“100ドルスマホ”が新興国を席巻する――?

 今年2月にスペイン・バルセロナで開催された世界最大の携帯電話見本市「モバイル・ワールド・コングレス2013」。そこで最も注目を浴びたアイテムの1つが、“100ドルスマホ”と呼ばれる低価格のスマートフォンに搭載される新基本ソフト(OS)だった。

 PC向けインターネットブラウザで有名なMozillaが開発する「Firefox OS(ファイアーフォックスOS)」、サムスン主導の「Tizen(タイゼン)」などがそれで、Webアプリに特化した簡易な構造が特徴だ。アンドロイドと比較して開発費用を削減できることから、“100ドルスマホ”と呼ばれる安い端末価格を実現できるという。これらのOSが搭載された端末が、今年の夏にも発売される、と報じられた記事(日経2013年2月26日付)を記憶している方も少なくないだろう。確かに、日本では端末価格5万円は下らないスマートフォンが100ドルで買えるとなれば、驚くべきニュースである。

 しかし、新興国では既に100ドルを切るアンドロイド端末が登場しており、さらに低価格な50ドル台のスマホが普及し始めていることをご存じだろうか。

いわゆる“50ドルスマホ”の1つである、フィリピンのローカル端末ブランド「Cherry Mobile」の携帯端末

 この“50ドルスマホ”の正体は、従来型の携帯電話(フィーチャーフォン、いわゆるガラケー)に、タッチパネルや無線LANなどスマホ的な機能を追加した“スマートフィーチャーフォン”と呼ばれるものだ。設計は台湾や中国の半導体メーカーが、生産は中国のODM(受託組立事業者)が、製品企画と販売は新興国のローカル端末ブランドが担当。すべてを1社で行う日本メーカーの垂直統合型ビジネスモデルとは対照的な、水平分業型のものづくりによって急成長を遂げてきた。この水平分業の中で、ソフトウェアの部分を手がけるのが、台湾のゼネラルモバイル(Gモビ)だ。

 「Gモビは新興国のローカル端末ブランドと提携し、“スマートフィーチャーフォン”向けの各種コンテンツやアプリを提供しています。いまやアフリカ、東南アジア、ロシアなど約30ヵ国、約40ブランドに採用されています。価格はタッチパネル付きでも50ドル程度、安いものなら20ドル台で購入できる国もあります」

 こう話すのは、Gモビに出資をしている三井物産の次世代・機能推進本部インターネット事業部インターネット第三室の小菊健一室長だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


商社を支える“いまどき” ビジネス

世間一般には、「モノやサービスを仲介する仕事」と思われがちな商社だが、足もとでは、従来の価値観に囚われない事業展開を行なっている。有名なのは、世界中で需要が急増している資源・エネルギー分野のビジネスだろう。採掘から、製品化、流通・販売まで、全てのプロセスに投資を行なう各社は、資源高の恩恵を享受して、軒並み収益増に沸いている。しかし、彼らが参入しているビジネスは、こうした重厚長大分野に止まらない。時として、衣食住に関わるコモデティ分野まで深く入り込み、ビジネスの裾野を着々と広げている。この連載では、商社の屋台骨を支える「いまどきビジネス」を詳しく紹介しながら、日本企業が新しいビジネスを生み出すためのヒントを考える。

「商社を支える“いまどき” ビジネス」

⇒バックナンバー一覧