ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

中国製の激安スマートフォンは
アジア市場を席巻できるか?

山谷剛史 [フリーランスライター]
2012年9月4日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

中国随一の電脳マーケット深セン
ショップは「中華スマホ」だらけ

 日本をはじめとして先進国ではスマートフォンの浸透が進んでいる。残念ながら日本の携帯電話メーカーのシェアは下がっており、アップルのiPhone、サムスンのギャラクシーはじめ、米国、韓国、台湾メーカー製品が世界中で市場を席巻しているのはよく知られるところだ。

 独自の「ネットの壁」を作りガラパゴス化する中国では、「買った友人の話によれば、壊れずに使えるようだ」と、口コミで徐々に中国メーカーのスマートフォンが評価されてきており、低価格も相まってシェアが上がっている。新興スマートフォンメーカーとしては「小米(xiaomi)」などが知られるほか、店頭では山寨機(さんさいき、シャンジャイジ)と呼ばれるノーブランドのスマートフォンも多く見かける。

 中国の中小ノーブランドメーカーからリリースされる携帯電話、mp3プレーヤー、mp4プレーヤー、PND、タブレットなどの山寨機と呼ばれる怪しげな製品は、香港と隣り合う中国の大都市・深センから中国各都市へ、さらにはアジアアフリカ諸国を中心とした世界の各都市へリリースされる。

中国・深センのショップ。主力商品はすっかりスマートフォンに鞍替え

 特に深センの華強北(ファーチャンベイ)と呼ばれる地域は、これら有象無象の山寨機が集まる巨大マーケットとなっていて、中東系・アフリカ系のバイヤーをもしばしば見かける。コンシューマー向けデジタル製品のモノ作りに携わる人なら、一度は見ておきたい場所だ。

 8月に深センを訪れた際、華強北の「ファッションビル」ならぬ「山寨機ビル」は、フィーチャーフォンの品揃えは控えめで、ノーブランドのスマートフォンだらけとなっていた。タブレットも盛んに売られていることは一見してわかるが、スマートフォンの増加ぶりと比べてしまうと、激増というよりは微増といった具合だ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

山谷剛史 [フリーランスライター]

日本人の立場から中国のIT事情を紹介する。執筆の他、講演も行う。著書に「新しい中国人 ネットで団結する若者たち」(ソフトバンク新書)


News&Analysis

刻々と動く、国内外の経済動向・業界情報・政治や時事など、注目のテーマを徹底取材し、独自に分析。内外のネットワークを駆使し、「今」を伝えるニュース&解説コーナー。

「News&Analysis」

⇒バックナンバー一覧