ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
数字で会社を読む

【三菱電機】
売上高4兆円の壁を突破なるか
成長戦略の実現に“秘策”を示唆

週刊ダイヤモンド編集部
【第113回】 2013年4月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

懸案だった防衛省などへの過大請求問題に決着がつき、再出発を期する三菱電機。一見、実現不可能であろう高い成長目標を引き続き掲げる山西健一郎社長の真意は、どこにあるのか。

 「2013年度までに売上高4兆円、海外売上高比率40%。10年の社長就任時に掲げたこの目標は、まだ諦めていない」

 三菱電機の山西健一郎社長は3月19日、週刊ダイヤモンドを含む複数メディアに、その胸中を明かした。そして、この発言は多少の驚きを持って迎えられた。その理由は、目標に掲げた売上高と海外売上高比率という二つの経営指標の推移を見れば明らかだ(図(1))。

 売上高を見ると、過去10年で4兆円を超えたのは、過去最高益を記録した07年度に一度きり。また、12年度の業績予想が3兆5200億円ということを考えると、目標達成には1年でじつに4800億円もの売り上げ拡大が必要な計算になる。

 この10年間で一度も達成したことのない、急速な規模拡大の可能性を示唆しているのだ。

 一方、海外売上高比率は右肩上がりではあるものの、02年度の28.9%から11年度で33.5%と、この10年で4.6ポイントという上昇幅だ。12年度の第3四半期決算時点で36%ということを考えても、わずか1年で過去10年分ほどの伸びを達成しなくてはならない計算になる。

 これには山西社長も「確かに計画を立てた当初よりは厳しい状況」と認めるものの、「現時点では13年度の達成を諦めていないし、少なくとも14年度には確実に達成する方向で進めている」と強気の姿勢を崩さない。

 山西社長がこれらの目標にこだわるのは、自身が三菱電機の成長を推し進める役割にあることを自任しているからだ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2016年10月1日号 定価710円(税込)

特集 特集 凄いネスレ 世界を牛耳る 食の帝国

違いが分かる食の帝国を徹底解明!

【特集2】
2017年 新卒就職戦線総括
今年も「超売り手市場」が継続 選考解禁前倒しも競争は激化

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

経営戦略最新記事» トップページを見る

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


数字で会社を読む

週刊ダイヤモンドで好評連載中の「数字で会社を読む」。各業界・企業を担当する第一線の記者が、ポイントを絞った財務分析で企業・産業に切り込みます。

「数字で会社を読む」

⇒バックナンバー一覧