ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

姿消す“疑惑”のフラッシュ取引
求められる超高速取引の情報開示

週刊ダイヤモンド編集部
2009年8月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 「濡れ手に粟」と疑惑の目を向けられた取引が米国市場から姿を消しそうだ。それは、証券取引所に入った注文を限られた業者にだけ0.03秒ほど他の業者より早くオープンにするフラッシュオーダーだ。この仕組みを使って、最速0.004秒の超スピードで取引する「ハイ・フリークエンシー・トレード」(HFT)で儲ける株取引が米国で問題視された。

 なぜ、問題視されるのか。

 もともと、フラッシュオーダーは早く注文をみた業者が注文に対して素早く対応することで注文を成立しやすくし、証券取引所の流動性を高めるために導入された。ナスダックを始め米国のいくつかの証券取引所で採用され、取引所がフラッシュオーダーに対応している証券会社に手数料を支払っている。

 フラッシュオーダーを導入している取引所はナスダック、シカゴオプション取引所、新興取引所大手のバッツとダイレクトエッジである。たとえば、ナスダックでは、5社がフラッシュオーダーに応じており、フラッシュオーダーで注文を成立させた証券会社には一株当たり0.25セントの手数料がナスダックから支払われる。

 このフラッシュオーダーに対応していることを認めているのはニューヨークに拠点を置くライム・ブローカリッジ、シカゴが本拠地のゲトコ、同じくシカゴが本社のシタデル、そしてゴールドマン・サックスの4社だ。

 この仕組み自体になんら問題はない。ここに、コンピューターを活用した取引が発達し、HFTといわれる超高速取引が可能になったことで問題視される事態が起きるにいたった。

 そのからくりは次のようなものだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧