ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
田中均の「世界を見る眼」

対外関係に大きな影響力を持つ公人の言動
歴史認識や慰安婦問題発言の多大なリスクを見据えて

田中 均 [日本総合研究所国際戦略研究所理事長]
【第20回】 2013年5月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

倫理観が疑われる慰安婦問題を巡る発言
具体性を持たない感覚的議論の危うさ

 このところ日本の対外関係に大きな影響を与え得る公人の発言や行動が目立っている。安倍総理周辺での歴史問題についての発言、橋下徹日本維新の会代表の慰安婦や在沖縄米軍についての発言、そして飯島勲内閣官房参与の北朝鮮訪問。少し性格は異なるが憲法96条の改正問題を巡る国内議論。

 外国の批判はそれぞれの国益が相違することに起因するので、外国の批判があるが故にこれらの発言や行動が間違いであると論ずるべきではない。しかし「日本の対外関係」という視点で現実を見据えて冷静に考えてみると、やはり大きなリスクをはらんでいる。

 まず、歴史問題や慰安婦問題に対する発言や行動は、舌足らずであったといったものではなく、それぞれの人々の信念や考え方に基づくものであるという捉え方がされており、さらにこのような傾向が時流であり、日本が「右傾化」していることの証左であるという見方が国際社会にあることを、考えねばならない。

 橋下代表は当時どの国の軍でもこういう慰安婦制度を必要としたではないか、という趣旨を述べている。時代の推移とともに倫理観は変遷し、過去合法であったものが非合法になる。

 昔他国もやっていたから、日本も批判されるのはおかしいと過去を正当化しようとすればするほど、女性の権利の尊重が大変重要である現在の倫理観も疑われることになる。

 また、外国人を慰安婦として働かせるのに強制はなかったのではないかという点を論じるあまり、戦時においてこのような慰安所で女性の尊厳が害されたことをどう考えるか、という根本論が薄れてしまう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

田中 均 [日本総合研究所国際戦略研究所理事長]

1947年生まれ。京都府出身。京都大学法学部卒業。株式会社日本総合研究所国際戦略研究所理事長、公益財団法人日本国際交流センターシニアフェロー、東京大学公共政策大学院客員教授。1969年外務省入省。北米局北米第一課首席事務官、北米局北米第二課長、アジア局北東アジア課長、北米局審議官、経済局長、アジア大洋州局長、外務審議官(政策担当)などを歴任。小泉政権では2002年に首相訪朝を実現させる。外交・安全保障、政治、経済に広く精通し、政策通の論客として知られる。

 


田中均の「世界を見る眼」

西側先進国の衰退や新興国の台頭など、従来とは異なるフェーズに入った世界情勢。とりわけ中国が発言力を増すアジアにおいて、日本は新たな外交・安全保障の枠組み作りを迫られている。自民党政権で、長らく北米やアジア・太平洋地域との外交に携わり、「外務省きっての政策通」として知られた田中 均・日本総研国際戦略研究所理事長が、来るべき国際社会のあり方と日本が進むべき道について提言する。

「田中均の「世界を見る眼」」

⇒バックナンバー一覧