ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
為替市場透視眼鏡

異次元緩和で安倍相場も進化
年末110円、15年に120円

田中泰輔(ドイツ証券グローバルマクロリサーチオフィサー)
2013年5月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ドル円は今年末110円、2015年に120円、こんな予想ではもはや誰も驚くまい。アベノミクスで日本市場は様変わりした。しかし円安・株高を急進展させた背景を正しく理解しないと、現状評価も予測も戦略もトンチンカンになる。実は安倍相場も進化しつつある。

 進行中の円安トレンドを三段跳びに例えると、長年の円高基調に沿って積まれた巨額のポジションの修正によって、まずホップが勢いづいた。円高基調下では外国人は日本資産を為替ヘッジなしで保有し、日本人は為替ヘッジのために先物等でドル売りを膨らませていた。円安に潮目が変わるとその巻き戻しの円売りや外貨買いが起こり、それがさらに円安を促す。その循環で相場のホップは、ファンダメンタルズ要因だけでは理解不能なほどの勢いになる。

 下グラフは昨年11月半ばを基点に日米株価とドル円を対比している。日本株はすでに60%以上、ドル円は25%以上上昇した。このうち当初3カ月は、日本株の上昇率はドル円と米国株の上昇率の掛け合わせでおおむね説明できる。つまり日本株の上昇からドル円上昇分を除くと米国株の上昇とほぼ同等だった。日本株買いの主役である海外投資家は、ドル換算した日本株と米国株のパフォーマンスが同等になる程度に日本株を買っていた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


為替市場透視眼鏡

FX、外貨投資家のニーズに応えた為替投資家向けコラム。執筆には第一線のエコノミストを迎え、為替相場の動向を分析、今後の展望を予測する。

「為替市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧