ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
高橋洋一の俗論を撃つ!

経済財政諮問会議が放ったとんでもない“矢”
「財政健全化を第4の矢に」は正しいか

高橋洋一 [嘉悦大学教授]
【第68回】 2013年5月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 政府の経済財政諮問会議は28日、とんでもない「矢」を放ってしまった。甘利明経済財政・再生相は安倍政権の経済政策「アベノミクス」の第3の矢である成長戦略に続き財政健全化を「第4の矢」と位置づけた。

 第3の矢である成長戦略は甘利経済財政相の分野だが、「あまり」海外の評判はよろしくない。海外では成長戦略となると、デレギュレーション(規制緩和)、プライバタイゼーション(民営化)、フリートレード(自由貿易)という英語にもある概念がでてくる。

 ところが、経産省の「ターゲット・ポリシー」は産業選別という意味で、なかなか海外には通用しにくい。特定の産業の選別は依怙贔屓(えこひいき)になるし、そもそも政府に成長産業を選び出す能力がないからだ。英語で説明する時には、わざわざ「ジャパニーズ」と形容詞付きで揶揄されている。

財務省のいう財政健全化は増税

 そこで出てきたのが。第4の矢――財政健全化だ。この裏にはもちろん財務省がいる。財政制度等審議会が近々まとめる報告書の原案について各メディアが報じている。いわゆるリークである。

 財政健全化には、その達成手法を大別すると①経済成長、②歳出カット、③増税となるが、財務省のいう財政健全化は、はっきりいえば増税である。

 まず財務官僚には予算査定で無謬性があるので、歳出に無駄があるとはまず認めない。このため、②歳出カットはできないというのが基本的立場だ。となると、①経済成長か、③増税になるが、以下の理由により③増税になる。

 ①経済成長では、増収になるのはわかっているが、その分要求官庁からの歳出圧力が強くなり、それに対抗できない。対抗するためには②歳出カットをやらざるを得ないが、力不足なのだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高橋洋一[嘉悦大学教授]

1955年、東京都に生まれる。東京大学理学部数学科・経済学部経済学科卒業。博士(政策研究)。1980年、大蔵省入省。理財局資金企画室長、プリンストン大学客員研究員、内閣府参事官(経済財政諮問会議特命室)、総務大臣補佐官などを歴任したあと、2006年から内閣参事官(官邸・総理補佐官補)。2008年退官。金融庁顧問。2009年政策工房を設立し会長。2010年嘉悦大学教授。主要著書に『財投改革の経済学』(東洋経済新報社)、『さらば財務省』(講談社)など。

 


高橋洋一の俗論を撃つ!

元財務官僚の経済学者・高橋洋一が、世にはびこるもっともらしい「俗論」の過ちをズバリ解説。

「高橋洋一の俗論を撃つ!」

⇒バックナンバー一覧