ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

ビッグデータの時代に、日立製作所や東芝を個人で分析するのは不可能なのか

高田直芳 [公認会計士]
【第112回】 2013年7月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 2013年6月2日付の日本経済新聞において「個人や企業が生み出すデータの量は28億テラ(テラは1兆)バイトを超えた」とあった。続いて「1テラバイトは朝刊1千年分」という喩(たと)えが紹介されていた。

 1兆バイトの28億倍の1千年分といわれても、どれだけの量なのか、皆目見当が付かない。それだけの量の朝刊を、誰が読むというのだろう。

 本連載では、億円単位や兆円単位の金額が、ぽんぽんと飛び交う。地球から太陽までの距離は「1500億メートルだ」といわれてもピンとこないのに、「1500億円」は何となくわかったような気になってしまうのが不思議だ。

 他人のカネを1円から1500億円まで数えても味気ないので、28億テラバイトの起点となる「1バイト」とは何か、を考えてみたい。ただし、1バイトは「8ビット」と定義されるので、1バイトではなく、さらに小さな単位である1ビットの話をしよう。

 1ビットを、英数字1文字と考えてしまいそうだが、そうではない。選択肢が2つあった場合、どちらか1つを指示する情報の量を、1ビットいう。例えば、500円硬貨を投げて表か裏かを教えてくれる情報や、試験結果が合格か不合格かを教えてくれる情報が、1ビットになる。

管理会計の問題を
解くことは、1ビット

 管理会計の分野では、「2つの投資案件のうち、どちらを選択したほうが有利かを答えなさい」という問題がしばしば登場する。この問題は、実は1ビットなのである。

 1時間も2時間も机にしがみつき、電卓をひたすら叩いて、A案とB案どちらの投資案件が有利か、という問題を解くことは、答案用紙に記述された結果だけを見れば「1ビット」にすぎない情報なのである。

 1ビットというのが如何に小さな単位であるか。そして、1ビットでさえ、そこに注ぐ労力が如何に大きいものであるかを、まずは理解していただこう。

 1ビットを、別の例で説明しよう。例えば平屋のアパートに2室の部屋があって、「右側の部屋を訪ねよ」と指示する情報は1ビットである。

 次に、1階と2階それぞれに2室(計4室)の部屋があって、「2階の右側の部屋を訪ねよ」と指示する情報は、2ビットになる。「1階か2階か」で1ビット、「左側か右側か」で1ビット、合わせて2ビットになる勘定だ。

 さらに、8個の選択肢から1つを指定する情報は3ビット、16個の選択肢から1つを指定する情報は4ビットになる。ここまで説明すれば、おわかりであろう。「2のa乗」から1つを指定する情報の量が「aビット」になるのだ。

 すなわち、ビットの正体は、2という数値の右肩に乗る「指数」であることがわかる。したがって、「2の8乗=256個」から1つを指定する情報(8ビット)を集めて、それがようやく「1バイト」になる。これだけでも大変な情報量を抱えていることがわかる。

 ましてや、1兆バイトの28億倍ともなると、人の手に負えない。これをビッグデータと呼び、スーパーコンピュータなどによって解析が行なわれることになる。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

高田直芳 [公認会計士]

1959年生まれ。栃木県在住。都市銀行勤務を経て92年に公認会計士2次試験合格。09年12月〜13年10月まで公認会計士試験委員(原価計算&管理会計論担当)。「高田直芳の実践会計講座」シリーズをはじめ、経営分析や管理会計に関する著書多数。ホームページ「会計雑学講座」では原価計算ソフトの無償公開を行なう。

------------ファイナンスの基礎知識が満載!------------
  ★高田直芳ホームページ『会計雑学講座』


公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略

大不況により、減収減益や倒産に直面する企業が急増しています。この連載では、あらゆる業界の上場企業を例にとり、どこにもないファイナンス分析の手法を用いて、苦境を克服するための経営戦略を徹底解説します。

「公認会計士・高田直芳 大不況に克つサバイバル経営戦略」

⇒バックナンバー一覧