ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
週刊ダイヤモンドSCOOP

SCOOP!!
外銀初の邦銀買収、中国信託が東京スターを傘下に
破談の危機乗り越え、株主と週明けにも基本合意

週刊ダイヤモンド編集部
【2013/07/19】 2013年7月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 台湾大手の中国信託商業銀行が週明けにも、東京スター銀行の買収について、株主団と基本合意する方向で最終調整に入っていることが分かった。複数の関係者が明らかにした。

 買収価格は、東京スターが実施を検討している増資の引き受け分を含めて、600億円規模とみられる。基本合意後、中国信託は金融庁に株取得に伴う認可を申請し、経営権を握る株主として適正かどうか、銀行法上の審査を受けることになる。認可されれば、外国の銀行による初めての邦銀買収となり、注目を集めそうだ。

紆余曲折を乗り越えて外銀初の邦銀買収に王手
Photo by Ryosuke Shimizu

 中国信託は、認可申請と並行して東京スターの経営陣に接触し、買収の経緯や今後の事業方針などを説明する見通しだ。

 東京スターの実質的な株主となっている、米投資ファンドのローンスターや新生銀行、仏金融機関のクレディ・アグリコルなどは昨夏から、財務アドバイザーに就いている野村證券を通じて、中国信託と株の売却に向けた交渉を進めていた。

 交渉の過程で株主団は、昨秋から続く日本の株式相場の上昇を受けて、中国信託に買収価格の引き上げを求めていた。そのため、交渉が一時延期されるなど雲行きが怪しくなる場面もみられたが、最終的には価格面で双方が歩み寄ったようだ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


週刊ダイヤモンドSCOOP

企業・産業系のスクープでは定評ある週刊ダイヤモンドがお届けするスクープです。記事の鮮度重視!旬のテーマ、人を取り上げていきます。

「週刊ダイヤモンドSCOOP」

⇒バックナンバー一覧