男のスメルマネジメント

真夏の職場に漂うぞうきん臭は無自覚の犯罪!
「スメハラ上司」に女子の心の叫びは届くのか

 暑い日々が続き、電車の中でも汗をかきながら出勤するビジネスマンの姿が目立つようになった。クールビズが浸透したとはいえ、昨今の日本の蒸し暑さには、ネクタイを取ったくらいでは歯が立たない。自宅から駅まで歩いただけでも汗が滴り落ち、冷房が効いた電車を降りて職場まで歩くと、また汗をかき……。

 自分で書きながらウンザリしてくるが、もしかしたらウンザリしているのは私たちだけではないかもしれない。そう、夏の暑さには「ニオイ」が付きものなのだ。

 最近では、「スメハラ」(スメルハラスメント)という言葉もあるらしく、職場でのニオイ対策は、できるビジネスマンにとって必須のエチケットになりつつある。

 「仕事でかく汗は男の勲章だ」なんて古い考え方では、知らぬ間に部下のバリバリ女子たちから「スメハラ上司」のレッテルを貼られてしまうかもしれないから、注意が必要だ。女性社員は、男性社員のニオイを想像以上にチェックしているものである。

「スメハラ」の特徴は無自覚なこと
8割近くがニオイで迷惑した経験あり

 「たかがニオイ」と侮るなかれ。嗅覚は視覚より直接的な感覚であり、人によってはニオイによって不快な思いを抱くこともある。気を使えば比較的簡単に直せる身だしなみとは違い、臭いは自分で気付きにくいぶん厄介な存在だ。

 しかも、周囲がニオイに気づいたとしても、本人にそれを伝えることはまずないだろう。第一、本人を傷つけないようにどうやって指摘すればいいのか、皆目見当がつかない。まさか「ニオイますよ」とストレートには言えないし、「今日は暑いですね」なんて言っても、天気の話と勘違いされて終わりである。

 一方、身だしなみについては、周りも割合言いやすい。もし、部下がだらしない格好をしていたら、「ズボンからワイシャツが出てるぞ。しっかりしろ!」と注意する上司は多いはずだ。自宅で奥さんが、「スーツとネクタイがよれよれだから、クリーニングに出しておくよ」なんて言ってくれることもあるだろう。


SPECIAL TOPICS

宮崎智之 [フリーライター]

フリーライター。1982年3月生まれ。地域紙記者を経て、編集プロダクション「プレスラボ」に勤務後、独立。男女問題や社会問題、インターネット、カルチャーなどについて執筆。
ツイッターは@miyazakid
 

 


バリバリ女子のポンコツおじさん改造講座

日本企業で元気な女性社員が増えているのに対して、男性社員は元気がなくなっていると言われて久しい。女性の社会進出が進む現在、ビジネスの第一線でバリバリ働く女性社員と年配の男性社員たちの「意識の差」は、埋めようもなく広がっている。そんなご時世で、「男性部下には思いっきり注意できるけど、女性には気が引けてしまう」「女性社員の本音がわからない」と苦手意識を持ち、悩んでいる男性も多いはずだ。今どきの女性たちは、男性に対してどんな不満と要望を持っているのか。

本連載では、「バリバリ女子」たちが時代遅れの「ポンコツおじさん」に向けるシビアな苦言、提言を赤裸々に紹介しながら、彼女たちから尊敬される「バリバリおじさん」になるにはどうしたらいいかを、ケース別に徹底指南していく。女性たちの厳しい声は、決してタダの罵詈雑言ではない。それは、おじさんたちへの期待の裏返しでもある。男性はバリバリ女子に臆するのではなく、彼女たちを「自己改造のための先生」と前向きに捉えるべきだろう。「ひょっとしておれのこと?」と不安な気持ちになったあなた、「気が付けば『ポンコツおじさん』と呼ばれていた!」なんてことにならないよう、一度彼女たちの声に真摯に耳を傾けてみたらどうだろうか。

「バリバリ女子のポンコツおじさん改造講座」

⇒バックナンバー一覧