ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

日本株低迷で注目すべきは国内の枠を超えた企業

2007年11月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 IMFの2008年経済見通しで、日本の成長率は2.0%から1.7%に下方修正された。

 1%台の成長となると、想定以上の資源・エネルギー価格上昇や円高進行、政治の停滞や波乱、加えて米景気の鈍化の角度が厳しくなれば、リセッションが意識されるリスクもある。政府や日本銀行の見解で、枕詞のように出てくる「景気は良好」との文言も、徐々に神通力を失うことになる恐れがある。

 この低成長の国内に収益基盤を置く企業は、独占的なシェアや高い技術力、商品の企画・開発力、そして独自のビジネスモデルを持った企業でないと、満足のいく収益を上げられなくなる可能性がある。足元の企業業績の水準がそうとう高いことを考慮すると、来年の四半期のどこかで減益決算が想定されることになるかもしれない。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧