ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「半沢直樹」に学ぶ倍返し!のビジネスメンタリズム
【第2回】 2013年9月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
DaiGo

尋問のオネエ黒崎VS説得の半沢。勝つのはどっち?
――メンタリストDaiGoが読み解く『半沢直樹』ヒットの秘密(2)

1
nextpage

5億から120億へ――。さらなる窮地に立たされた半沢から目が離せないドラマ『半沢直樹』だが、再び登場した強烈キャラ・黒崎にニンマリした視聴者も少なくないだろう。前回、メンタリズムで半沢の上司力を解説したDaiGoが、今回は正反対の二人、半沢と黒崎の「交渉力」の違いを鋭く分析する!

交渉相手を「イエス」と言わせるのは
黒崎か、それとも半沢か?

メンタリストDaiGo人の心を読み、操る技術”メンタリズム”を駆使する日本唯一のメンタリスト。TV番組へ出演多数、著書は累計55万部突破のベストセラーに。外資系企業の研修や、コンサル、教育誌の連載なども手掛ける。初の本格ビジネス書『一瞬でYESを引き出す 心理戦略。』で、ビジネスの現場で使えるメンタリズムテクニックを公開し、たちまち話題に。その他の著書は、『人の心を自由に操る技術』(扶桑社)『DaiGoメンタリズム 誰とでも心を通わせることができる7つの法則』(ワニブックス)など。
ビジネスやコミュニケーションに使える心理術を無料公開中。詳しくはhttp://www.daigo.meまで

 「お久しぶりねぇ」というセリフと共に、第6話ラスト、あのオネエ系キャラ黒崎が帰ってきました!

 きっと私と同じように「おおおお~」と声を上げた視聴者の皆さんも多いのではないでしょうか。

 第1部、大阪編でなんともいえない存在感を放っていた国税庁のエリートから、金融庁の検査官となって帰ってきた黒崎。冒頭から半沢を前に「運命って、信じる?」なんて、もう黒崎にしか言えないセリフだと思いませんか?

 今回も、あの粘着質な執念とおなじみのオネエ口調は健在、いやパワーアップしています。特に、疎開資料探しで花にしてやられた場面には、失礼ながら思わず噴き出してしまいました。

 そこで今回は、黒崎復活記念!として、「交渉力」という観点から、半沢と黒崎の違いをメンタリズム的に分析してみたいと思います。

 最初に、黒崎の交渉術から見ていきましょう。

 黒崎の場合、注目すべきは視線です。とにかく相手から目をそらさず、無言のプレッシャーをかけ続けます。そして、相手がそのプレッシャーに負けて話し始めるのを待つ。黒崎が得意とする交渉術は、交渉というより「尋問」に近いテクニックです。

 人は黒崎のように目をそらさずに見つめ続けられると、よほど特別な訓練でもしていない限り、緊張やプレッシャーに押しつぶされて声のトーンが上がったり、話すスピードが速くなったりと、言動に変化が表われます。つまり、「何か隠していることがある」ことが一目瞭然なのです。

 相手が隠ぺいしていることを暴くとか、ついている嘘を見破るというケース、つまり金融庁の検査官という立場ならこうした尋問テクニックはとても役に立つスキルでしょう。

 もちろん、黒崎の場合はあくまでドラマというフィクションの中でのこと。実際にビジネスの現場で相手を執拗に追い詰めるなどというシーンはないでしょうし、交渉術という観点からもおすすめはできません。

 しかし、黒崎の「視線テクニック」には驚くべき効果も隠されています。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

会社に入る前に知っておきたい これだけ経済学

坪井 賢一 著

定価(税込):2017年2月   発行年月:本体1,500円+税

<内容紹介>
元経済・ビジネス誌編集長が、社会人が知っておくべき最低限の経済学の知識を厳選!ミクロ、マクロ経済学の知識に加え、「知らないとヤバい10大経済ニュース」も紹介。これ一冊で、経済学の基本と仕事への応用、ニュースの見方、そして近代の経済史までわかる、社会人必読の経済学入門書です。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍

(POSデータ調べ、3/19~3/25)




「半沢直樹」に学ぶ倍返し!のビジネスメンタリズム

夏ドラマ視聴率のトップを走り続ける「半沢直樹」には、実は巧妙なビジネスメンタリズムが隠されていた!? 
なぜ、半沢直樹がここまで部下に慕われるのか、なぜ10倍返しが実現したのか?
なぜピンチに逆境を乗り切れるのか?
人の心を読むプロ、メンタリストDaiGoが、その秘密を解き明かす!

「「半沢直樹」に学ぶ倍返し!のビジネスメンタリズム」

⇒バックナンバー一覧