ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「被災地応援」と「音楽」、2つの事業で見つけた「ファンド」という仕事の本当の役割
【後編】 2013年9月13日
著者・コラム紹介バックナンバー
小松真美

「消費者以上、従業員未満」の関係性が
成長への原動力に
――出資者と事業者の「つながり」から生まれる
「コミュニティリターン」とは?
ミュージックセキュリティーズ代表、小松真実氏インタビュー【後編】

1
nextpage

「被災地応援ファンド」で世間の注目を集めたミュージックセキュリティーズ。彼らがマイクロ投資プラットフォーム「セキュリテ」で募集している小口投資で事業や地域を育てる小口ファンドは、これまで100を超える事業者に、34億円を調達しました。ファンドの対象事業の売上に応じた分配に加えて、出資者は金銭以外の「リターン」も享受しているといいます。それは何なのでしょうか。(構成:齋藤麻紀子)

ファンとのつながりが、新しい「リターン」を生む
小口投資だからこそ見えた、新しい投資のかたち

――小口投資で事業や地域を育てる「セキュリテ」は、これまで100を超える事業者にご利用いただいていると伺いました。事業者にとって、応援するファンから資金調達ができるのは有難いことですが、ファンのメリットをどう考えますか。

小松真美(こまつ・まさみ)
ミュージックセキュリティーズ株式会社 代表取締役
2000年12月ミュージックセキュリティーズを創業し、『もっと自由な音楽を。』をモットーに、こだわりを持ったインディペンデントなアーティストの活動の支援をする仕組みとして音楽ファンド事業と音楽事業を開始する。2006年より音楽以外のファンドの組成を開始し、現在は純米酒の酒蔵、農林水産業、アパレル、Jリーグチーム、再生可能エネルギー、地域伝統産業等190本超のファンドを組成する。2011年「セキュリテ被災地応援ファンド」、2013年「セキュリテエナジー」、「ソダッテ阪神沿線」プロジェクトを開始した。2013年、さらに多くの人、そして事業者に活用してもらうために、大阪に支社を設立。

小松 まず、どんなファンドであっても、マイナスになっていいファンドはありません。ですから私たちは、出資してくれたファンの方に、経済的なリターンをきちんとお返しせねばと考えています

――経済的なリターンが十分でなかったファンドはありますか。

小松 あります。償還率が30%〜40%に終わったファンドもあります。もちろんそれは反省すべきことですが、一方でリターンには非経済的なものもあると感じています。

――なんでしょう。

小松 音楽ファンドでいえば、好きなアーティストの曲を聴けるという楽しみ、アーティストの制作活動を応援しているという実感です。

――でも、制作活動にもお金を出し、CDにもお金を出すという行為は、一見奇妙にも思えます。

小松それだけ応援したいという気持ちや楽しみがある、ということです。大手のレコード会社に所属していたら、聴くことができなかったのかもしれませんから。

――御社は、ファンドを集めている途中や集め終わったあとも、事業者と出資者の交流の場を設けています。このような場から、非経済的なリターンは生まれているのでしょうか。

小松 はい。たとえば、当社は頻繁に事業者訪問ツアーを実施しています。出資者、もしくは出資を考えている人と一緒に、事業者を訪問するというツアーです。このとき、当社の社員はツアーコンダクターに早変わりするのですが(笑)、実はツアーをやっても基本的に儲けはないんです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
SPRINT 最速仕事術

SPRINT 最速仕事術

ジェイク・ナップ 著/ジョン・ゼラツキー 著/ブレイデン・コウィッツ 著/櫻井 祐子 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年4月

<内容紹介>
グーグル式、最速で最も重要なことをする仕事術! アイデアの発案から問題点の発見、解決、検証まで、すべてを全力疾走(スプリント)で行い、たった5日で世界を変えるすごいものを生み出す方法。戦略思考、イノベーション、行動科学、デザイン思考……最新のビジネス科学のすべてを網羅した究極のノウハウ!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、4/9~4/15)



小松真美(こまつ・まさみ)

ミュージックセキュリティーズ株式会社 代表取締役
2000年12月ミュージックセキュリティーズを創業し、『もっと自由な音楽を。』をモットーに、こだわりを持ったインディペンデントなアーティストの活動の支援をする仕組みとして音楽ファンド事業と音楽事業を開始する。
2006年より音楽以外のファンドの組成を開始し、現在は純米酒の酒蔵、農林水産業、アパレル、Jリーグチーム、再生可能エネルギー、地域伝統産業等190本超のファンドを組成する。
2011年「セキュリテ被災地応援ファンド」、2013年「セキュリテエナジー」、「ソダッテ阪神沿線」プロジェクトを開始した。
2013年、さらに多くの人、そして事業者に活用してもらうために、大阪に支社を設立。


「被災地応援」と「音楽」、2つの事業で見つけた「ファンド」という仕事の本当の役割

6月14日に閣議決定された「日本再興戦略」にも取り上げられるなど、近年、日本でも投資型クラウドファンディングという言葉が徐々に定着しつつあり、インターネット上で個人からマイクロ(小口)投資で資金を集め、企業や地域を再生・応援する仕組みへの関心がますます高まっています。しかし、経済的リターンはどの程度あるのか、金銭的なもの以外にも資金を提供するメリットはあるのか、実感した人は少ないのが現状ではないでしょうか。
今回は、約200に及ぶファンドを通じて、総額34億円もの資金調達、またセキュリテ被災地応援ファンドで10億円を調達し、出資者と事業者、そしてファンドのこれからのかたちを、ミュージックセキュリティーズ株式会社の小松真実社長に伺うインタビューです。

「「被災地応援」と「音楽」、2つの事業で見つけた「ファンド」という仕事の本当の役割」

⇒バックナンバー一覧