ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
「被災地応援」と「音楽」、2つの事業で見つけた「ファンド」という仕事の本当の役割
【中編】 2013年9月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
小松真美

「こだわりを持ってものづくりに挑む人と、
一緒に勝負したい」
――ファンド会社の役割は、場を「しつらえる」こと
ミュージックセキュリティーズ代表、小松真実氏インタビュー【中編】

1
nextpage

半分寄付・半分投資の「セキュリテ被災地応援ファンド」を通じて、約10億円の資金を東北の事業者にもたらしたミュージックセキュリティーズ。その始まりは、ミュージシャンの制作活動を支援するために12年前にスタートした「音楽ファンド」にあったといいます。ミュージシャンの創作活動を、レコード会社ではなくファンのお金で支える音楽ファンドに込められた「意味」、そしてそこで培われた仕組みが事業者を応援するプラットフォーム、すなわち「場」づくりと結びつくきっかけをくれた劇的な出会いとは?(構成:齋藤麻紀子)

「支援」ではなく、「共闘」
ファンドの力で、ミュージシャンと一緒に勝負する!

――はじめて音楽ファンドを募集された2001年は、宇多田ヒカルさんなどがミリオンセラーを出していた頃です。音楽業界は活況だったように思えますが、なぜ一般のファンからお金を募る必要があったのでしょうか。

小松真美(こまつ・まさみ)
ミュージックセキュリティーズ株式会社 代表取締役
2000年12月ミュージックセキュリティーズを創業し、『もっと自由な音楽を。』をモットーに、こだわりを持ったインディペンデントなアーティストの活動の支援をする仕組みとして音楽ファンド事業と音楽事業を開始する。2006年より音楽以外のファンドの組成を開始し、現在は純米酒の酒蔵、農林水産業、アパレル、Jリーグチーム、再生可能エネルギー、地域伝統産業等190本超のファンドを組成する。2011年「セキュリテ被災地応援ファンド」、2013年「セキュリテエナジー」、「ソダッテ阪神沿線」プロジェクトを開始した。2013年、さらに多くの人、そして事業者に活用してもらうために、大阪に支社を設立。

小松 まず、レコード会社に所属していたとしても、次の制作が決まっていないアーティストはたくさんいます。彼らにかかるプレッシャーは、ハンパないです。
 次に、ミュージシャンは「売れる」作品を創らねばなりません。でも本当はもっと自由に作品づくりをしたいと思っています。そしてファンは、好きなアーティストに、継続的に、そして自由に作品を創ってほしいと思っています。

――元ミュージシャンの視点ですね。

小松 そうであれば、創りたいものを追求するアーティストと、その活動を支えるファンが「直接つながる場」があってもいいだろう、と思ったのです。

――業界が不況だからつくったファンドではなく、アーティスト本来の創作活動を行う「場づくり」をされたのですね。ファンの反応はいかがでしたか。

小松 2001年に第1回目のファンドを募集しましたが、すぐに集まりました。ファンの方も、「こんな応援の仕方があるんだ」とすんなり受け入れてくださったようで。1口1万円と小口で参加しやすかった、という意見も多くありました。

――これまでの成果は。

小松 これまでファンドを利用していただいたアーティストは40以上にのぼります。なかでも人気のアーティストは、総合オリコンチャートで3位の成果を残すことができました。

――ファン一人ひとりの力が、オリコン3位にまで押し上げたというのはすごいですね。しかし音楽ファンドの運営によって、小松社長の立場は、ミュージシャンから支援者に変わりました。迷いはなかったですか。

小松 うーん。実は「支援」しているつもりはないんですよ。昔も、いまも。

――どんな立場ですか。

小松 たとえば当社はレコード会社の機能もあり、ファンドで創った音楽作品の販売もしています。パートナーとして「アーティストと一緒に勝負している」という感覚ですかね。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


小松真美(こまつ・まさみ)

ミュージックセキュリティーズ株式会社 代表取締役
2000年12月ミュージックセキュリティーズを創業し、『もっと自由な音楽を。』をモットーに、こだわりを持ったインディペンデントなアーティストの活動の支援をする仕組みとして音楽ファンド事業と音楽事業を開始する。
2006年より音楽以外のファンドの組成を開始し、現在は純米酒の酒蔵、農林水産業、アパレル、Jリーグチーム、再生可能エネルギー、地域伝統産業等190本超のファンドを組成する。
2011年「セキュリテ被災地応援ファンド」、2013年「セキュリテエナジー」、「ソダッテ阪神沿線」プロジェクトを開始した。
2013年、さらに多くの人、そして事業者に活用してもらうために、大阪に支社を設立。


「被災地応援」と「音楽」、2つの事業で見つけた「ファンド」という仕事の本当の役割

6月14日に閣議決定された「日本再興戦略」にも取り上げられるなど、近年、日本でも投資型クラウドファンディングという言葉が徐々に定着しつつあり、インターネット上で個人からマイクロ(小口)投資で資金を集め、企業や地域を再生・応援する仕組みへの関心がますます高まっています。しかし、経済的リターンはどの程度あるのか、金銭的なもの以外にも資金を提供するメリットはあるのか、実感した人は少ないのが現状ではないでしょうか。
今回は、約200に及ぶファンドを通じて、総額34億円もの資金調達、またセキュリテ被災地応援ファンドで10億円を調達し、出資者と事業者、そしてファンドのこれからのかたちを、ミュージックセキュリティーズ株式会社の小松真実社長に伺うインタビューです。

「「被災地応援」と「音楽」、2つの事業で見つけた「ファンド」という仕事の本当の役割」

⇒バックナンバー一覧