ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

活発化するドルキャリー取引
一段高へと向かう株式市場

2009年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本株こそもたついているものの、世界の株式市場は9月に入って騰勢を強めている。中国の上海総合指数がすでに10%以上上昇したほか、欧米の主要株価指数も相次いで戻り高値を更新した。こうした動きの背後にあるのが、「ドルキャリー取引」だ。

 8月のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事録などを受けて、米国の超低金利政策は長期化するとの見方が強まった。その結果、米国のイールドカーブは全般に低下、特に2年より短い期間の金利はS&P500が安値を付けた3月9日を下回る水準まで低下した。

 また、3ヵ月物ドルLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)は、足元で円やユーロのそれを下回っている。

 2005年から06年にかけて低金利の円で資金を調達し、各国の株式や債券などに投資するいわゆる「円キャリー取引」が流行した。足元で始まっているのは、円よりも低コストで資金を調達できる「ドルキャリー取引」だ。

 7月までは「リスク選好度」がキーワードだった。これが高まる局面で株式が上昇し債券が下落。高金利通貨が買われる一方で、避難通貨であるドルや円は売られた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧