ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

活発化するドルキャリー取引
一段高へと向かう株式市場

2009年9月30日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本株こそもたついているものの、世界の株式市場は9月に入って騰勢を強めている。中国の上海総合指数がすでに10%以上上昇したほか、欧米の主要株価指数も相次いで戻り高値を更新した。こうした動きの背後にあるのが、「ドルキャリー取引」だ。

 8月のFOMC(米連邦公開市場委員会)議事録などを受けて、米国の超低金利政策は長期化するとの見方が強まった。その結果、米国のイールドカーブは全般に低下、特に2年より短い期間の金利はS&P500が安値を付けた3月9日を下回る水準まで低下した。

 また、3ヵ月物ドルLIBOR(ロンドン銀行間取引金利)は、足元で円やユーロのそれを下回っている。

 2005年から06年にかけて低金利の円で資金を調達し、各国の株式や債券などに投資するいわゆる「円キャリー取引」が流行した。足元で始まっているのは、円よりも低コストで資金を調達できる「ドルキャリー取引」だ。

 7月までは「リスク選好度」がキーワードだった。これが高まる局面で株式が上昇し債券が下落。高金利通貨が買われる一方で、避難通貨であるドルや円は売られた。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年1月28日号 定価710円(税込)

特集 劇変世界を解く 新地政学

世界史の大転換が始まる

【特集2】
銀行界も戦々恐々
コンビニATM戦争

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧