HOME

メタボリック

肝臓

腰痛・肩こり

高血圧・高脂欠症

うつ・ストレス

ニオイ

薄毛

老化防止

禁煙

男の病気

知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴

70~74歳の医療費窓口負担の引き上げは
長期的には国の財政を悪化させる可能性も!?

早川幸子 [フリーライター]
【第57回】

 8月21日に、医療や介護などの社会保障の大まかな改革項目とスケジュールを示した「プログラム法案」が閣議決定された。医療分野では、来年4月から70~74歳の医療費の窓口負担の引き上げが示されている。

 今月9日の厚生労働省社会保障審議会医療保険部会でも、「70~74歳の窓口負担については結論を得ている」として、引き上げは既定路線のようだ。

 70~74歳の医療費の窓口負担は、小泉・自民党政権下の2006年に引き上げることが決められた。しかし、翌年の参院選で自公政権が大敗。高齢者の票離れを恐れて、実施が見送られた。その後、民主党政権下でも、何度も引き上げが俎上にのぼったが、政治的理由で1割に凍結されたままになっていた。

 だが、この特例措置のために、年間2000億円の税金が穴埋めに使われている。「負担増を先送りすれば、若者世代にツケを回す」「法律で決まったことなのだから速やかに引き上げるべき」といった声も上がっており、引き上げは懸案事項となっていたのだ。

 たしかに、70~74歳の窓口負担を引き上げれば、予算措置は必要なくなるので、一時的には公的支出を削減できる。だが、長期的には医療費の抑制どころか、反対に国庫負担の増加につながる可能性があるのだ。

来年4月以降に70歳になる人から
窓口負担が2割に引き上げられる

 1973年(昭和48年)は福祉元年と呼ばれ、会社員の扶養家族の医療費の自己負担割合が5割から3割に引き下げられたり、高額療養費制度が作られたりした。そして、高齢者の医療費が無料になったのも、この年だった。

 だが、窓口負担なしで医療を受けられる老人医療費支給制度は、病院や診療所の待合室をサロン化させ、高齢者の医療費を大幅に増加させることになった。そのため、医療機関の適正利用を促すために、1983年に入院や通院時の定額負担を導入。2001年から窓口負担は定率1割となり、現在まで続いている(現役並み所得者は、2002年から2割、2006年から3割)。

1 2 3 4 >>
関連記事
このページの上へ

早川幸子(はやかわ・ゆきこ) [フリーライター]

1968年、千葉県生まれ。明治大学文学部卒業。編集プロダクション勤務後、99年に独立し、以後フリーランスのライターとして女性週刊誌やマネー誌に、医療、民間保険、社会保障、節約などの記事を寄稿。現在、ダイヤモンドオンライン「知らないと損する! 医療費の裏ワザと落とし穴」、医薬経済社「ウラから見た医療経済」などのウェブサイトに連載中。13年4月から朝日新聞土曜版be on Saturday(青be)の「お金のミカタ」を執筆。「日本の医療を守る市民の会」発起人。


知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴

国民の健康を支えている公的医療保険(健康保険)。ふだんはそのありがたみを感じることは少ないが、病気やケガをしたとき、健康保険の保障内容を知らないと損することが多い。民間の医療保険に入る前に知っておきたい健康保険の優れた保障内容を紹介する。

「知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴」

⇒バックナンバー一覧