ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
辻広雅文 プリズム+one

「新興国救済のための新融資制度」提案でヒットを飛ばした日本の財務省の真意

辻広雅文 [ダイヤモンド社論説委員]
【第49回】 2008年10月22日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本政府が世界に向けて、久々に放ったクリーンヒットだった。タイミングがよく、狙いどころも的確である。しかも、その好打にはさまざまな意図が読み取れて、興味深い。

 日本政府は10月のG7で、「国際金融安定化のためのIMF緊急ファシリテイ構想」を提案した。日本が潤沢な外貨準備金を、中国や産油国とともにIMF(国際通貨基金)に貸付ける。その資金をIFMが世界的金融危機に翻弄される中小国、新興市場国に融資する、という新ファンド構想だ。発案したのは、むろん財務省である。

 日本政府の提案直後から、金融危機の荒波に耐えかねたように、アイスランド、ハンガリー、ウクライナといったEU周辺の新興国がIMFへ駆け込んだ。この三国に共通するのは、経済運営を海外マネー、とりわけユーロ圏からの資金調達に頼っていたことだ。

 その命綱である海外マネーが、先進国の金融危機、信用収縮によっていっせいに引き上げられている。三国の通貨はいずれも急落、株式市場も暴落、金融機関の経営危機も次々と表面化した。

 ところが、通貨を防衛買いしようにも、金融機関に資本注入しようにも、財政も経常収支も赤字であり、海外からの資金流入がなければ不可能だ。不可能なままに放置すれば、国家が破綻しかねない。現に、アイスランドの主要銀行は資金繰り難に陥り、円建て債(サムライ債)の利払いが、期限が来ても行われていない。このまま猶予期間を過ぎればデフォルト(債務不履行)である。

 新興国の国債や金融機関発行の債券がデフォルトを起こせば、それらを組み込んだ金融商品の購入者たちに損失を与え、世界中の市場に混乱を引き起こす。その震度の大きさは、リーマンブラザースの破綻で体験したばかりである。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

辻広雅文 [ダイヤモンド社論説委員]

1981年ダイヤモンド社入社。週刊ダイヤモンド編集部に配属後、エレクトロニクス、流通などの業界を担当。91年副編集長となり金融分野を担当。01年から04年5月末まで編集長を務める。主な著書に「ドキュメント住専崩壊」(共著)ほか。


辻広雅文 プリズム+one

政治・経済だけではなく、社会問題にいたるまで、辻広雅文が独自の視点で鋭く斬る。旬のテーマを徹底解説、注目の連載です。

「辻広雅文 プリズム+one」

⇒バックナンバー一覧