ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
〈ものづくり〉は、まだ僕らを豊かにできるのか?

「ローテク=安かろう悪かろう」は本当か?
――27年間、インドネシアの田舎で
「適正技術」を実践する日本人に学ぶ
「これからのイノベーション」

瀬戸義章 [作家/ジャーナリスト/tranSMS代表]
【第10回・最終回】 2013年9月18日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

限られた資源でつくられた製品は、本当に「安かろう悪かろう」なのだろうか?
「あれがない」「これがない」と、途上国におけるものづくりでは、アクセスできる資源や技術がないことを俎上にあげて、「それは無理」という判断がなされていることを見聞きすることがあるが、それは本当なのか。
MITをはじめ、世界のエンジニアたちがいま注目する「適正技術」という言葉がある。現地のニーズ、人、環境を踏まえたうえで、最適な技術のことだ。不思議なことに、「適正技術」を実践しているうちに、先進国では思いもよらぬイノベーションが生まれることがあるという。今回は、25年以上もインドネシアの田舎で「適正技術」を実践している日本人の話をもとに、「これからのイノベーション」で必要なことは何か、考えたい。

「ローテク=安かろう悪かろう」は本当か?
――適正技術という新しい視点で考えてみよう

 牛糞を燃料に発電するラジオや、電気を使わない冷蔵庫といった、発展途上国が抱える問題を解決するためのテクノロジーを、一般的に「適正技術」と呼ぶ。適正技術によって生み出されたプロダクトは、資源やエネルギーが潤沢でない地域に住む人々の生活を、豊かにすることができる。

 適正技術の概念を広めたのは、経済学者のE・シューマッハだ。第一次世界大戦の直前にドイツで生まれ、第二次世界大戦の戦火をイギリスで体験した彼は、ハイテクすぎず、かといって低レベルにすぎない、「ちょうどいい技術」こそが、焼け野原となった戦後復興において、ひいては途上国開発において役立つことに気づいた(注)

 現在、マサチューセッツ工科大学(MIT)では、適正技術を「現地のニーズ、文化、環境、人などを考慮したうえでの、最善の技術」と定義している

 僕は途上国のためのプロダクトを、100点ほど調べたことがある。製品の創意工夫に感心する一方で、それらはローテクで、安上がりなものというイメージも受けた。結局、「安かろう悪かろう」の製品なのではないか、と思っていた。

 そのイメージが覆ったのは、適正技術の開発・普及を推進するNGO「アペックス(APEX)」の活動を知った時だ。彼らは、限られた資源・技術・エネルギーしかない発展途上国で、いや「限られた資源しかないからこそ」日本だけではありえないイノベーションを生み出していたのだ。

インドネシアの田舎「だからこそ」できた
驚異的なイノベーション

 発展途上国ならばどこでも事情は似通っていると思うが、人の住む場所を歩いていると、腐敗した水、濃縮されたドブの臭いが漂ってくることが多い。川の水は、水彩絵の具を洗った後のような、よどんだ色をしている。

生活排水は未処理で川へ放出されていることが多い
拡大画像表示

 ユニセフの調査によれば、全世界で25億人が劣悪な衛生環境にあるという。アペックスの活動地域であるインドネシアでも事情は同じで、人口2億4000万人のうち、6300万人がトイレを利用していないそうだ。生活排水と産業排水はともに河川に垂れ流され、冗談かと思うような汚染が起きている。

(注)E・シューマッハ『スモール イズ ビューティフル』小島慶三、酒井懋(訳)講談社学術文庫、1986年

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

瀬戸義章(せと・よしあき) [作家/ジャーナリスト/tranSMS代表]

1983年、神奈川県川崎市出身。長崎大学環境科学部卒業。都内の物流会社でリユースビジネスの広報に携わった後、独立。東南アジアのリサイクル事情や、東日本大震災の復興の様子を取材して歩く。2012年、発展途上国向けのプロダクトデザイン&ビジネスコンテストである「See-D Contest2012」にて最優秀賞をチーム「tranSMS」の仲間と共に受賞し、2013年から東ティモールへの導入・実施を始めている。著作に『「ゴミ」を知れば経済がわかる』(PHP研究所)がある。


〈ものづくり〉は、まだ僕らを豊かにできるのか?

日本産業には欠かせない、〈ものづくり〉という言葉。だが、いつからかこの言葉は力を失ってはいないだろうか? 大量に消費されることを前提とした〈ものづくり〉に、使い手である消費者だけではなく、作り手である生産者も、疲弊してはいないだろうか。

そこで本連載では、いま日本を含む世界で密かに新しい〈ものづくり〉の潮流である、問題解決型ものづくりともいうべき「ソーシャル・ファブリケーション」の世界を様々な側面から紹介したい。

「ものづくりを通じて、社会課題を自分ごと、自分たちのこととして解決する」という可能性を知るとき、大量生産・大量消費のなかで分断された作り手と使い手は再びつながり、国境を超えたビジネスが立ち上がる。

「〈ものづくり〉は、まだ僕らを豊かにできるのか?」

⇒バックナンバー一覧