ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

東京にオリンピックがやって来る!
日本人のマインドがポジティブに変わる!

若い世代の希望こそ最大の五輪効果

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]
【第42回】 2013年10月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

東京五輪開催決定に
思わず涙がこぼれた理由

 2020年の夏季オリンピック、パラリンピックの開催地が9月8日、東京に決まりました。

 東京は、16年の五輪開催地にも立候補し、シカゴ、マドリード、リオ・デ・ジャネイロと並んで最終候補地の一つに選ばれながらも決選投票にも進めず、最終的には、リオ・デ・ジャネイロが選ばれるという苦杯をなめた経験を持つだけに、今回、56年ぶりとなる東京五輪の開催決定は多くの人に感動を与えました。

 私は以前、個人的に16年の五輪とパラリンピックを日本に招致する市民運動(ムーブメント)である「Yes! Japan(イエス・ジャパン)」のお手伝いをしていたことがあります(第23回参照)。

 09年10月2日の深夜、五輪招致支援組織「サポーターズクラブ」が開いた東京タワーでのパブリックビューイングイベントでは、2回目の投票で東京の落選が報じられると、あちらこちらから「信じられない」という悲痛な声が上がったことが今も忘れられません。

 あれから4年。今回の招致活動にも前回一緒に悔しい思いをした多くの方々が関わっており、東京開催を勝ち取ることができたことには本当に感慨深い思いがあります。東京が選ばれた直後、IOC総会の開かれたブエノスアイレスにいた多くの仲間たちから、フェイスブックに喜びの投稿が続々と寄せられ、感極まって思わず涙を流してしまいました。

 16年の招致失敗は、一説に都民の招致賛成への支持率が低かったことが影響したと言われています。12年5月に公表された、IOCによる20年五輪開催支持率調査では、東京は47%、マドリードは78%、イスタンブールは73%でした。

 しかし、この支持率が同年夏のロンドン五輪での日本人選手の活躍と、それを称える50万人(日本オリンピック委員会発表)の観衆が詰めかけた凱旋パレードの影響などから、今年3月公表のIOC調査では70%まで上昇したことも、今回の招致レースの勝因の一つだと言われています。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

藤田康人 [インテグレート代表取締役CEO]

慶應義塾大学を卒業後、味の素株式会社を経て、92年、フィンランド人の社長と二人でザイロフィン ファーイースト社(現ダニスコジャパン)を設立。素材メーカーの立場から キシリトール・ブームを仕掛け、キシリトール製品市場はゼロから2000億円規模へと成長。07年、株式会社インテグレートを設立し、代表取締役CEOに就任。著書に『どう伝わったら、買いたくなるか』『99.9%成功するしかけ』 『漂流する広告・メディア』講演活動も行っている。integrateGroupウェブサイト:http://www.itgr.co.jp/

 


マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー

インターネットなど双方向メディアの普及に伴い、従来の広告メッセージが届きにくい時代になったと言われます。どんな方法なら消費者とのコミュニケーションが成立するのか。「次世代IMC」を掲げる注目のマーケティング企業CEOがその極意を伝授します。

「マーケットが見える!人のココロをつかむセオリー」

⇒バックナンバー一覧