ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

好業績でも膠着相場続く日本株
ドル高円安進行が停滞崩す鍵に

成瀬順也(大和証券チーフストラテジスト)
2013年11月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 日本株は膠着状態。日経平均株価は2カ月以上にわたって、1万3800~1万4800円という幅の狭いレンジで推移している。要因は大きく分けて三つある。企業業績、アベノミクス、為替レートだ。いずれも期待と失望のはざまを揺れ動いている。

 まず、企業業績については、7~9月期決算発表がほぼ一巡。9月は中間期末であるため、通期予想が見直されることが多い。従来の会社予想は慎重過ぎるとみられており、決算発表と同時に上方修正されると期待されていた。

 実際、主要200社を集計すると、上期の決算結果は悪くない。前年同期比48%の大幅増益で、8月時点のアナリスト予想を5%、会社予想を15%上回る経常利益をたたき出した。

 しかし、2014年3月通期見通しは33%増益ではあるものの、従来の会社予想並みにとどまり、アナリスト予想を6%下回っている。好調ながらも、株式市場の期待には届かなかった。

 次に、アベノミクスについては、「総論賛成各論反対」的な状態か。株式市場も成長戦略のプランまでは高く評価したが、実行段階に移るにつれ、あと一歩踏み込み不足との評価に傾きつつある。中でも期待はずれ感が強いのは、規制緩和だろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧