ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
グラフで分析!総選挙を「見える化」する

民主党の猶予は4年。
次の「風」はどちらに吹くのか?

フィルモア・アドバイザリー
【第9回】 2009年9月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 8月30日に行われた衆議院議員総選挙では、事前の報道各社の予測通り、民主党が300を超える議席を獲得し、政権交代が確実になりました。逆に、自民党は首相、閣僚経験者の落選が相次ぐなど、歴史的大惨敗を喫し、党首、幹事長が落選となった公明党と共に、解党的出直しを余儀なくされています。

 本特集最終回となる今回は、総選挙の結果とそれも含めたトレンドをグラフで確認しながら、今回の総選挙の総括を試みたいと思います。

300議席超の圧倒的勝利でも
連立の枠組みが引き続き必要

 まずは今回の選挙結果のグラフです。ご存知の通り、民主党が308議席を得る圧勝、逆に与党であった自民党、公明党は、選挙前の300議席、31議席から、それぞれ119議席、21議席まで大幅に議席を減らしています。グラフ右下の「2」で前回の結果と比較すると、その圧勝、大敗が明らかになります。

【出典:中央選挙管理委員会/グラフ詳細は左下の「vizoo」マークをクリック!】

 小選挙区、比例区の内訳を見ても、民主党の大勝利は明白です。民主党は、小選挙区でまさに「地滑り的大勝利」をとげ、221議席対自民64議席と、前回選挙時の 自民219議席対民主52議席と立場を完全に逆転させました。

 衆議院では2/3弱を握った同党ですが、参議院では、民主党+国民新党+新党日本の統一会派でも117議席で、過半の121議席(欠員2のため)には4議席足りていない事実は変わりありません。この4議席を獲得するためには、社民党とも連立を組む必要がありますので、結局「民主・社民・国民・日本」の4党連立が、衆参の安定運営のためには欠かせないのです。

【出典:参議院/グラフ詳細は左下の「vizoo」マークをクリック!】

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

フィルモア・アドバイザリー

2006年11月、海外機関投資家向けの独立系リサーチ会社として設立。現在は数値データのグラフ化・共有サイト「vizoo」、グラフ投稿サイト「Figit」の運営を行うほか、メディア向けにグラフを用いた特集記事等を配信。
フィルモア・アドバイザリー


グラフで分析!総選挙を「見える化」する

いよいよ8月末に迫った総選挙。実は候補者個々の発言も、政党マニフェストの内容も、データとグラフを用いることで、より簡潔かつ的確に理解し、考えを深めることが可能になる。独立系リサーチ会社フィルモア・アドバイザリーが、数値データのグラフ化・共有サイト「vizoo」を用いて、今回の争点となる政治、経済のトピックについて、グラフと共に「見える化」する。

「グラフで分析!総選挙を「見える化」する」

⇒バックナンバー一覧