ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
【BCG×フロントランナー化学反応スパーク対談】

JAXAシニアフェロー・川口淳一郎
×BCGパートナー・秋池玲子【前編】
「一流は褒められない、二流だから褒められる」。
三流に陥らないためのリーダーの心得

川口淳一郎 [JAXA(宇宙航空研究開発機構)シニアフェロー],秋池玲子 [ボストン コンサルティング グループ パートナー&マネージング・ディレクター]
【第7回】 2013年12月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
JAXA(宇宙航空研究開発機構)シニアフェロー・川口淳一郎氏(左)とBCGパートナー&マネージング・ディレクター・秋池玲子氏。背景にあるのは「はやぶさ」の実物大の模型(JAXA相模原キャンパスにて)

国際政治、経済情勢、そして技術の変化・変遷が激しく、先行き不透明な時代が続いている。一概に「これがベスト」と言えない状況の中で、リーダーは何を基準に、どう意思決定すればいいのだろうか?

小惑星探査機「はやぶさ」のプロジェクトを成功に導いたことで知られる、JAXA(宇宙航空研究開発機構)シニアフェローで工学博士の川口淳一郎氏と、ボストン コンサルティング グループ、パートナー&マネージング・ディレクターで事業再生のプロである秋池玲子氏が、不透明な時代の意思決定とリーダーのあり方について語り合った。
(構成 曲沼美恵/写真 宇佐見利昭)

メーカーが推奨する方法の
あえて逆を行くリスクを冒した

秋池 今回、是非、伺いたいと思っていましたのは、川口先生ご自身、リーダーとして何を基準にどう意思決定してきたのか、というご経験です。御著書などを読ませていただくと、「はやぶさ」の時は、次々と起こるトラブルにチームが見事に対処されています。これは、現在のように、先行き不透明な経済環境の中でチームを引っ張っていかなければいけないリーダーの方たちにも非常に参考になる話だ、と思いました。

 まずは率直に伺いますが、どうしたら、あのようなことができるようになるのでしょうか?

川口 実際は、止むに止まれず、という感じだったと思います。ほかに手段がないから、必然的にそうせざるを得ない。結果的に、それがうまく行ったということでしょう。

 本に書いたかもしれませんが、一流はめったに褒められないんです。一流が取り組むと問題が起こりませんから、評価されない。これに対して、二流が取り組むと想定外のことがたくさん起こる。それに対処するから、褒められる訳です。ですから、はやぶさのチームも含めて、多くは二流なんです。ただし、我々は三流ではなかった。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

川口淳一郎 [JAXA(宇宙航空研究開発機構)シニアフェロー]

かわぐち・じゅんいちろう/1955年青森県生まれ。東京大学大学院工学系研究科博士課程修了。工学博士。JAXA教授。元「はやぶさ」プロジェクトマネージャー。元日本航空宇宙学会会長。ハレー彗星探査機「さきがけ」「すいせい」、工学実験衛星「ひてん」、火星探査機「のぞみ」などのミッションに携わり、小惑星探査機「はやぶさ」ではプロジェクトマネージャーを、「はやぶさ2」ではシニアアドバイザーを務める。

秋池玲子 [ボストン コンサルティング グループ パートナー&マネージング・ディレクター]

あきいけ・れいこ/早稲田大学理工学部大学院修士課程修了後、キリンビールに入社。マサチューセッツ工科大学経営学大学院修了。マッキンゼー・アンド・カンパニーを経て、産業再生機構に入社、マネージングディレクターに。九州産業交通取締役、関東自動車取締役、カネホウ化粧品社外取締役等を兼任しながら企業再生に取り組む。2006 年 10 月に産業再生機構を退職し、同年 11 月、ボストン コンサルティング グループに入社。製造業、ハイテク産業、インフラ産業を中心に、クライアント企業に対する戦略作成、戦略実行支援、組織改革、買収後の統合推進等を手掛ける。政府系委員も歴任。小学生の頃、宇宙飛行士に憧れていた。


【BCG×フロントランナー化学反応スパーク対談】

ボストン コンサルティング グループ(BCG)は世界をリードする戦略系経営コンサルティングファームである。そのパートナーが、ビジネス界とは異なる世界で活躍するフロントランナーへのインタビューを通じて、ビジネスパーソンが直面する課題解決への示唆を紡ぎだす。ビジネス外のプロフェッショナルとビジネスのプロが率直に語り合う異種格闘技戦。思いもかけない化学反応がおき、ビジネスパーソンにとって大きなヒントが導き出せるだろう。

「【BCG×フロントランナー化学反応スパーク対談】」

⇒バックナンバー一覧