ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい
【第11回】 2014年1月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
河合江理子 [京都大学国際高等教育院教授],斎藤勝利 [第一生命保険株式会社代表取締役会長、社団法人日本経済団体連合会副会長]

特別対談
「レベル5」の英語が必要な時代とは
3つの視点でグローバル化を考える
【第一生命保険株式会社代表取締役会長・斎藤勝利×京都大学国際高等教育院教授・河合江理子】

1
nextpage

ハーバード、マッキンゼー、INSEAD(欧州経営大学院)、BIS(国際決済銀行)、OECD(経済協力開発機構)と、日本・アメリカ・ヨーロッパとわたり歩いてきた京都大学教授の河合江理子氏。そして、経団連の副会長も務め、日本の財界のみならす、国際会議などでも積極的な提言を行なう、第一生命保険株式会社代表取締役会長の斎藤勝利氏。
教育の現場、企業の現場それぞれの視点から、世界に通用する具体的な人材像が語られた。河合氏と斎藤氏による対談は全3回を予定。

0と1の違いは無限大

斎藤 大学の学長さん方と経済界の人間とで、人材育成についての意見交換の場があります。お話すると、学長さん方はみなさん悩まれていましたね。企業であれば、トップの言うことを下に浸透できますけど、大学ではなかなか難しいと。

河合 やはり「教授会でさまざまなことが決められる」という従来のボトムアップのやり方では、学長からのトップダウンというのはなかなか受け入れられませんね。企業経験者の私には、それがとても不思議でした。

斎藤勝利(さいとう・かつとし)
[第一生命保険株式会社代表取締役会長、社団法人日本経済団体連合会副会長]
1943年、東京都生まれ。1967年、一橋大学商学部卒業後、第一生命保険相互会社入社。国際企画部長、調査部長を経て、1994年に取締役調査部長就任。その後、取締役企画・広報本部長兼調査部長、常務取締役、専務取締役、代表取締役専務を務めたのち、2004年に代表取締役社長となる。2010年、東京証券取引所に上場したのを機に社長を退任すると、同年、第一生命保険株式会社代表取締役副会長、翌年には代表取締役会長に就任し、現在に至る。

斎藤 ええ。その悩みは企業とはかなり違うだろうなと思います。人材育成という意味では、私どもも、たとえば役員や社員を国内外のさまざまなところに出向させたり、派遣させたりしています。出向先、派遣先については、当方の問題意識に適ったところを選ぶわけですが、そこから戻ってくると明らかに変貌していますよ。まさに「男子三日会わざれば、刮目して見よ」です。

河合 なるほど、新しい経験でしょうね。私も第一生命の方が出向されていたイギリスの投資会社に勤務していたので、よくわかります。

斎藤 僭越なことですが、学長さん方に「0と1は無限大に違うのではないか」とその場でお話しました。

河合 0と1は無限大に違うとは?

斎藤 何もやらないことと、少しでも非日常的なことをするのとでは、その違いは無限大に大きいということです。そうした意味で、「企業などに出向させたらどうですか」という提案をしました。

河合 大学の教員が企業に出向、ということですか?

斎藤 そうです、大学の先生を。産業界で学ぶべきこともあるのでは、ということでした。とくに、職場の上司(学長)が合理的な判断をしている限り、構成員は上司に協力するものだ、ということを学べるのではと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


河合江理子(かわい・えりこ) [京都大学国際高等教育院教授]

東京都生まれ。東京教育大学附属高等学校(現筑波大学附属高等学校)を卒業後、アメリカのハーバード大学で学位、フランスの欧州経営大学院(INSEAD)でMBA(経営学修士)を取得。その 後、マッキンゼーのパリオフィスで経営コンサルタント、イギリス・ロンドンの投資銀行S.G. Warburg(ウォーバーグ銀行)でファンド・マネジャー、フランスの証券リサーチ会社でエコノミストとして勤務したのち、ポーランドでは山一證券の合 弁会社で民営化事業に携わる。1998年より国際公務員としてスイスのBIS(国際決済銀行)、フランスのOECD(経済協力開発機構)で職員年金基金の運用を担当。OECD在籍時に はIMF(国際通貨基金)のテクニカルアドバイザーとして、フィジー共和国やソロモン諸島の中央銀行の外貨準備運用に対して助言を与えた。その後、スイス で起業し、2012年4月より現職。著書に『自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい』(ダイヤモンド社)がある。

斎藤勝利(さいとう・かつとし) [第一生命保険株式会社代表取締役会長、社団法人日本経済団体連合会副会長]

1943年、東京都生まれ。1967年、一橋大学商学部卒業後、第一生命保険相互会社入社。国際企画部長、調査部長を経て、1994年に取締役調査部長就任。その後、取締役企画・広報本部長兼調査部長、常務取締役、専務取締役、代表取締役専務を務めたのち、2004年に代表取締役社長となる。2010年、東京証券取引所に上場したのを機に社長を退任すると、同年、第一生命保険株式会社代表取締役副会長、翌年には代表取締役会長に就任し、現在に至る。


自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい

ハーバード大学、INSEAD(欧州経営大学院)、マッキンゼー、BIS(国際決済銀行)、OECD(経済協力開発機構)…そして、京都大学教授。『自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい』の刊行を記念して、書籍では語り尽くせなかったエピソードを中心に、日本・アメリカ・ヨーロッパの本物の世界を知る日本人が、国境を越えて生きるための武器と心得を語る。

「自分の小さな「鳥カゴ」から飛び立ちなさい」

⇒バックナンバー一覧