ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ハーバード・ビジネススクールで学んだ本当に必要な英語力

超難関の面接試験にみる
世界で本当に必要とされている英語力

児玉教仁 [グローバルアストロラインズ株式会社社長]
【第1回】 2012年10月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 世界最難関といわれるハーバード・ビジネススクールの入学試験の最終選考。

 一対一の面接で執り行われるその面接は、僕にとっては、とても衝撃的で印象的なものだった。

 伝統と威厳に満ちた保守的と思われるエリート大学院の最終面接。きっと面接官は、年季の入った百戦錬磨の元ビジネスパーソンか、知性漂う初老の教授といった、人生経験の豊富な、きっと頭の回転も超高速で、場合によっては居丈高。非常に緊張を強いられる厄介な面接官と相まみえるのでは、と。当日は、かなり気が重くなったものだったが・・・。

 緊張しながら面接室に入室すると、びっくり仰天。そこにいたのは、栗色の髪の二十代後半に見える外国人美女だった。

 コーラを飲んでいた栗髪美女は、私が入室するなり「あ、何か飲む?」と軽い雰囲気で聞いてきた。

― まさか彼女が面接官ではないだろう。

 きっと面接官の秘書か何かと思い「あ、じゃぁコーラ下さい」と遠慮なく飲み物をお願いしてみたところ、サっとコーラを差し出すと彼女は「さ、始めましょうか」と言い放った。

― えー!?この若い女性が面接官!?

 相当驚いた。

 が、一方で、柔和でフレンドリーな笑顔の彼女が面接官であることで、僕の緊張は一気に溶けたのであった。

 ただし、よかった、と思ったのも束の間。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

児玉教仁 [グローバルアストロラインズ株式会社社長]

『パンツを脱ぐ勇気――世界一“熱い”ハーバードMBA留学記』著者。

1972年生まれ。静岡県出身。清水東高校を卒業後、1年半アルバイトで学費を稼ぎ1992年に初渡米。ウィリアム・アンド・メアリー大学を卒業。1997年三菱商事株式会社へ入社。2004年ハーバード・ビジネス・スクール入学。06年ハーバードMBA取得後、三菱商事に帰任。2011年同社を退社、国際社会で活躍できる人材の育成を目指したベンチャー企業、グローバルアストロラインズ株式会社を立ち上げる。URL=http://globalastrolines.com

児玉教仁
拡大画像表示

ハーバード・ビジネススクールで学んだ本当に必要な英語力

高校時代、英語で赤点を連発した筆者がハーバード・ビジネススクールに入学した。そこで学んだのは、グローバルで活躍するために必要な本物の英語力だった。

「ハーバード・ビジネススクールで学んだ本当に必要な英語力」

⇒バックナンバー一覧