ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
働く男女の「取扱説明書」

「残業は当たり前」「親の死に目に会えると思うな」 いまだ職場で幅を利かす“20世紀型”サラリーマンの仕事観

――あなたの会社も“マッチョな”職場?

西川敦子 [フリーライター]
【第26回】 2009年1月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 若手新二くんがいる職場は別名「昭和課」と呼ばれている。昭和入社の中高年層が多いからだ。昭和課の名物はズバリ、残業。定時で帰る社員はひとりもいない。一度、若手クンが帰ろうとしたところ、

 「みんな頑張っているのがわからないのか。自分の仕事が終わっても『何かお手伝いしましょうか』とか、積極的に声をかけて手足を動かしなさい。若いうちはそうやって勉強するものだ!」

と上司に叱られてしまった。

 どうやら、上司たちは奥さんや子どもたちにうとまれているらしく、よく「家にはオレの居場所なんてないんだよ」とボヤいている。彼らの残業の理由がそのへんにあるとすれば、つきあいで居残りさせられるこちらはたまったものではない。

 学生時代の友人に打ち明けたところ、「何それ? うちの会社は残業規制で、なるべく定時に帰れってうるさいけどな」とのこと。時代の最先端企業に入社したはずだったのに、じつはそうではなかったことに今さら愕然とする若手クンだった――。

「麻酔系ホルモン」
が男たちを働かせた時代

 日本の職場はかなりマッチョな仕事倫理観に支えられている。そもそも男性脳は「バリバリ働く脳」。その脳を駆使して、日本人は競争に勝ち抜いてきたからだ。

 「成功したい」「競争に勝ち抜きたい」という気持ちは、男性ホルモンのテストステロンが引き起こすもの。その欲望を達成するためなら、多少の痛みにも耐えることができる。実際、皮膚電気反応テストをしてみると、男性の皮膚は女性の10分の1しか痛みを感じないそうだ。つまり、これらのホルモンはいわば麻酔薬の役目を果たしているのだろう。

 だからこそかつてのサラリーマンたちは、疲れも不調もなんのその、過重労働に耐えたのである。ほんとうは心身ともに悲鳴をあげていたのかもしれないのだが、それだけ「麻酔系ホルモン」の力は強烈だったにちがいない。

 思い出すのがバブル期、「24時間戦えますか」のキャッチコピーで、一躍ヒット商品となったのが旧・三共の「リゲイン」。さっそうとスーツに身を固め、世界中を飛び回る自分たちの姿に、あの頃は誰もが酔いしれていた。努力すればその分大きな成功を手にできる、と信じていたのだ。

残業時間は
バブル期直後より増加!?

 しかし「麻酔効果」はいつまでも続かない。頑張ったところで、成功の確率は低い現実がやがて明らかになってきたからだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
すれ違う男女の「謎」に最新科学で挑む! 『だから、男と女はすれ違う』

【NHKスペシャル『シリーズ 女と男』を単行本化!】 最新科学によって、すれ違う男女の「謎」に迫る。女は本当に地図が読めないのか? なぜ男は「見た目」を重視するのか? なぜ「離婚のピー ク」は結婚4年目なのか? 等、男女の人間関係を中心に、共に歩んでいくための「知恵」を探っていく。1500円(税込)

話題の記事

西川敦子 [フリーライター]

1967年生まれ。上智大学外国語学部卒業。編集プロダクション勤務を経て、独立。週刊ダイヤモンド、人事関連雑誌、女性誌などで、メンタルヘルスや介護、医療、格差問題、独立・起業などをテーマに取材、執筆を続ける。西川氏の連載「『うつ』のち、晴れ」「働く男女の『取扱説明書』」「『婚迷時代』の男たち」は、ダイヤモンド・オンラインで人気連載に。


働く男女の「取扱説明書」

出産後も辞めないアラフォー女、3年で辞める腰掛け男 etc・・・、時代が変われば、働くルールも様変わり。働く男女にまつわる悲喜こもごものケースを多数紹介。男女が共存共栄していくための新たな職場のルールを提案します。

「働く男女の「取扱説明書」」

⇒バックナンバー一覧