ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
2020年東京オリンピック狂騒曲

オリンピック開催まであと6年
五輪の遺産[レガシー]は日本人を幸せにするのか?

仲野博文 [ジャーナリスト]
【第1回】 2014年1月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

2013年9月にアルゼンチンのブエノスアイレスで行われた国際オリンピック委員会(IOC)総会で、東京が2020年の夏季五輪大会開催地に選ばれた。冬季五輪を含めると日本で開催される4度目の五輪となるが、2020年大会は日本にポジティブな「レガシー(遺産)」を残すのか? 本連載ではさまざまな角度から東京五輪を検証する。

運営費に競技場建設費……
約9000億円のカネが費やされる

東京オリンピック開催決定は、久々の明るいニュースだった Photo:Koichiro Suzuki/AFLO

 イスタンブールやマドリッドを退けて、2020年大会の開催地に選ばれた東京。コンパクトな大会運営がアピールされているものの、莫大な費用がかかる事実は否めない。

 大会終了時までに必要とされる運営費の総額は約3000億円。こちらは企業からのスポンサー料や寄付金によって賄われる。国費を投入する新国立競技場の建設費は“当初の試算より大幅に圧縮”しても約1700億円。競技場などの建設を行うために東京都が保有している約4000億円の基金も入れると、最大で約9000億円が2020年東京大会の準備や運営に費やされることになる。

 英国政府の発表によると、2012年に開催されたロンドン大会における開催費用は総額89億2100万ポンド(当時のレートで約1兆1400億円)で、92億9800万ポンドとされた当初の予算を下回る結果となっている。2016年大会(リオ五輪)も運営費は3000億円程度だが、野村アセットマネジメントが2013年10月に行った報告によれば、オリンピック関連のインフラ整備を入れた場合、やはり1兆円以上のコストがかかる模様だ。

 ロンドンやリオと比較した場合、2020年大会は若干の割安感があるものの、莫大な予算が組まれることに変わりはない。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

仲野博文 [ジャーナリスト]

甲南大学卒業、米エマーソン大学でジャーナリズムの修士号を取得。ワシントンDCで日本の報道機関に勤務後、フリーに転身。2007年冬まで、日本のメディアに向けてアメリカの様々な情報を発信する。08年より東京を拠点にジャーナリストとしての活動を開始。アメリカや西ヨーロッパの軍事・犯罪・人種問題を得意とする。ツイッター:twitter.com/hirofuminakano

 


2020年東京オリンピック狂騒曲

2020年東京オリンピック開催が決定した。今後7年、競技施設をはじめとした様々な分野でのインフラ投資が期待されており、関連業界は早くも皮算用を始めた。東京以外の地方都市も、オリンピックで来日する外国人を取り込み、疲弊する地元経済の起爆剤にすべく、思案し始めている。一方で、建設現場は人手不足、人件費と建設資材の高騰でコストは増加傾向。2020年に向けて急速に少子高齢化が進む日本は、果たして東京オリンピックを無事に運営し、オリンピックの熱気を日本の活力に変えられるのだろうか。あらゆる関連業界の“狂騒”ぶりをレポートする。

「2020年東京オリンピック狂騒曲」

⇒バックナンバー一覧