ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
日の丸製造業を蘇らせる!“超高速すり合わせ型”モノづくりのススメ

「事業で負けても技術で勝っている」は単なる言い訳
日本企業がグローバルで負け続ける2つの本質的課題

松本晋一 [株式会社O2/株式会社XrossVate/株式会社安田製作所代表取締役]
【第1回】 2014年2月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

日本の製造業は元気を失っている
それはグローバル競争のせいだけか?

 日本の製造業は危機に瀕している――。そう言われることも珍しくない。大きな赤字を出し、経営危機に直面した家電メーカー各社の混乱ぶりは、記憶に新しい。彼らに限らず多くの企業は、ここ数十年間にわたってかつての「元気」を失っている。

 とりわけ、この数年間のビジネス環境の激変ぶりは凄まじい。リーマンショック後の大不況や新興国の台頭といった地殻変動の中で、中小企業ばかりか大企業までもが右往左往している。

 しかし、本当に不況やグローバル競争激化ばかりが「日の丸製造業受難」の理由と言えるのだろうか。もちろん、一因ではあるだろう。しかし筆者には、外的要因よりも、内的要因の方が大きい気がしてならない。真の原因はもっと企業の奥深くに眠っているように思えてならないのである。

 筆者は2004年に株式会社O2(オーツ―)を設立し、製造業を中心にコンサルティング業務を手がけている。当社の強みは、経営目線とゲンバ目線の両方で、課題解決できる逞しい人材と独自の方法論だ。

 これまで多くのコンサルタントが入り込めなかった、設計のゲンバに深く入り込み、ECM:Engineering Chain Management(設計改革)を手がけている。手前味噌ではあるが、この領域において第一人者になりつつあると自負している。

 弊社では、長年に渡る製造業での実務経験者がコンサルタントとして活躍している。お客様と共に汗を流し変革を成し遂げていく、「口も出すけど、手も出します」がモットーだ。

 お陰様で、ソニー、パナソニックなど弱電系企業、オムロンなど部品系企業、東芝など総合電機企業、IHIといった重電系企業など、名立たる大企業とお仕事をさせていただいている。一方、日本ではダントツだが、これから世界に出て行こうとしているオーナー系の中小企業も多い。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

松本晋一 [株式会社O2/株式会社XrossVate/株式会社安田製作所代表取締役]

株式会社O2(オーツー)株式会社XrossVate(クロスベイト)株式会社安田製作所代表取締役。1970年生まれ。千葉県出身。早稲田大学政治経済学部経済学科卒。大手化学メーカー、外資系ITベンダーのディレクター、コンサルティングファームのディレクターなどを経て、2004年株式会社O2を設立、代表取締役就任。2013年に新会社XrossVateを設立。2014年に射出成型用金型メーカ株式会社安田製作所に出資を行い経営参画。


日の丸製造業を蘇らせる!“超高速すり合わせ型”モノづくりのススメ

日本の製造業は危機に瀕していると言われて久しい。様々な業界関係者が口にする「日本企業は技術で勝っても事業で負けている」という言い訳は、本当に正しいのか。実は、日本のゲンバにはもっと根深い本質的な課題がありそうだ。日本企業の5重苦、7重苦の原因は、日本の技術力の低下そのものにあり、その原因は大きく「技術伝承」の放置と悪い意味での「部分最適思考」の2つにある。製造業を中心に大手企業のコンサルティング業務を手がけ、企業のゲンバと深い付き合いを続けてきた株式会社O2(オーツ―)の松本晋一代表取締役が、“超高速すり合わせ型”モノづくりの極意を説く。

「日の丸製造業を蘇らせる!“超高速すり合わせ型”モノづくりのススメ」

⇒バックナンバー一覧