ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
領域を超える経営学
【第3回】 2014年2月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
琴坂将広 [立命館大学経営学部国際経営学科准教授]

第3回
「マッキンゼーのスライドは白黒」は都市伝説
経営学にも欠かせない、本質を見抜く力とは?

1
nextpage

ベンチャー企業の経営者として実務に携わり、マッキンゼー&カンパニーのコンサルタントとして経営を俯瞰し、オックスフォード大学で学問を修めた琴坂将広氏。『領域を超える経営学』(ダイヤモンド社)の出版を記念して、新進気鋭の経営学者が、身近な事例を交えながら、経営学のおもしろさと奥深さを伝える。連載は全15回を予定。

メッセージを伝えるための本質を追究する

 拙著『領域を超える経営学』(ダイヤモンド社)の表紙をご覧いただいた方にとって、まず目につくのが“例の帯”です。

 ここで著者がよく使う言い訳は、まさにアイドルコンテストに参加した将来のアイドル候補が、「弟が勝手に応募したので……」と口にするように、「編集者が勝手に書いたので……」とするのが常日頃かと思います。

 正直、客寄せパンダのように自分の歴史を使うのはいかがなものかと思ったのも事実です。しかし、「帯で恥をかくかどうか」は本質ではなく、本質は「本の中に書いてある、自分が伝えたい事実や考えを、どれだけ多くの人に届けることができるか」であると考えました。

 そして、むしろ私から編集者を焚き付けて、「より多くの人に書店で手にとっていただきき、中身を吟味してもらえる帯」を熟慮してもらった結果、この「マッキンゼー×オックスフォード大学Ph.D.×経営者」という、不躾な、しかし私の経歴の目立つ部分を端的に表す帯が登場しました。

 自分の過去を隠すことはできません。もちろん、もっと恥ずかしい過去も含めて、私は自分の歩んできた道に誇りを持っています。

 1つひとつの失敗や、多くの方々からいただいたお叱りの言葉が、今の自分をつくっているのが事実です。重要なのは本質であり、その中身であるべきなのです。

 さて、この長々しい前置きがこの記事のタイトルにどう関係してくるのでしょうか。

 そろそろ本題に入りたいと思います。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

いまの科学で「絶対にいい!」と断言できる 最高の子育てベスト55

トレーシー・カチロー 著/鹿田 昌美 訳

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
子どもの豊かな心を育て、頭と体を伸ばしていくために親が知っておきたいことについて、最新の科学研究をもとに「最も信頼」できて「最も実行しやすい」アドバイスだけを厳選して詰め込んだ貴重な本。子にかけるべき言葉、睡眠、トイレトレーニング、遊び、しつけまで、これ一冊さえ持っていれば大丈夫という決定版の1冊!

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


琴坂将広(ことさか・まさひろ) [立命館大学経営学部国際経営学科准教授]

慶應義塾大学環境情報学部卒業。在学時には、小売・ITの領域において3社を起業、4年間にわたり経営に携わる。 大学卒業後、2004年から、マッキンゼー・アンド・カンパニーの東京およびフランクフルト支社に在籍。北欧、西欧、中東、アジアの9ヵ国において新規事業、経営戦略策定のプロジェクトに関わる。ハイテク、消費財、食品、エネルギー、物流、官公庁など多様な事業領域における国際経営の知見を広め、世界60ヵ国・200都市以上を訪れた。
2008年に同社退職後、オックスフォード大学大学院経営学研究科に進学し、2009年に優等修士号(経営研究)を取得。大学の助手を務めると同時に、国際経営論の研究を進める。在籍中は、非常勤のコンサルティングに関わりながら、ヨットセーリングの大学代表選手に選出されるなど、研究・教育以外にも精力的に活動した。2013年に博士号(経営学)を取得し、同年に現職。専門は国際化戦略。
著書に『領域を超える経営学』、共編著に『マッキンゼー ITの本質』(以上、ダイヤモンド社)、分担著に『East Asian Capitalism』(オックスフォード大学出版局)などがある。
Twitter:@kotosaka


領域を超える経営学

ベンチャー企業の経営者として実務に携わり、マッキンゼー&カンパニーのコンサルタントとして経営を俯瞰し、オックスフォード大学で学問を修めた琴坂将広氏が、3つの異なる視点でグローバル経営の過去、現在、そして未来を語る。『領域を超える経営学』(ダイヤモンド社)の出版を記念して、新進気鋭の経営学者が、身近な事例を交えながら、経営学のおもしろさと奥深さを伝える。連載は全15回を予定。

「領域を超える経営学」

⇒バックナンバー一覧