ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経済は世界史から学べ!
【第2回】 2013年11月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
茂木誠 [駿台予備学校 世界史科講師]

ドルが「世界最強の通貨」になれたのは、
戦争特需と国際金融資本のおかげ

1
nextpage

本日のテーマは「ドル」です。現在、世界の取引で使われている通貨の80%をドルが占めています。「世界最強の通貨」といっても過言ではありませんね。しかし、ドルがこの地位を手にいれたのは、今からおよそ100年前。そのとき、世界では何が起こっていたのでしょうか。

なぜ、世界の多くの国で
「ドル」が使えるのか?

 海外旅行をしたとき、多くの国でドルが使えます。それぞれの国で独自の通貨が流通していますが、なぜドルは特別なのでしょうか。

 それはドルが、世界共通のお金――国際通貨(基軸通貨)としての地位を手に入れたからです。その経緯を見ていきましょう。

 19世紀では、世界の工場といわれたイギリスの「ポンド」が世界中に流通していました。そのポンドの地位がドルに入れ替わったのは、第一次世界大戦(1914―1918年)のあとからです。

 全ヨーロッパを巻き込んだ戦争が4年間も続くとは、最初は誰も予想しませんでした。欧州各国は、国際通貨である金の流出を阻止するため、金本位制から離脱します。そして、不換紙幣(金と交換できない紙幣)を乱発して軍事費に充てたのです。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


茂木誠(もぎ・まこと) [駿台予備学校 世界史科講師]

駿台予備学校世界史科講師。
「東大世界史、難関国立大世界史」等の講座を担当。映像を駆使したストーリー仕立ての講義は、「歴史の流れ」がわかると大好評。予備校の東大受験クラスから初学者まで、あらゆる学力の生徒を教えるテクニックがある。時事問題を歴史的な切り口から考察する『もぎせか館ブログ』を運営するブロガーとしての顔も持つ。

 


経済は世界史から学べ!

本連載は「世界史というレンズ」を通して、経済をより深く理解するというアプローチをとったものです。
経済(お金)に関する事柄は、ある日突然生まれたものではなく、歴史的な必然性を持って生まれます。
ゆえに、その歴史の必然性を知ることで、経済をより深く理解することができるのです。
増税、TPP、円高、デフレ、バブル、国債、恐慌etc。
「そのとき、何が起こっていたのか」という歴史の流れを知ることで、経済の「なぜ」「どうして」がスッキリわかるようになります。
著者は、駿台予備校講師の茂木誠氏。「東大世界史」「難関国立世界史」等の講座を担当する実力派です。
歴史の流れをわかりやすく、そして深く理解させるプロフェッショナルが、「経済を世界史から学ぶ」という試みに挑戦します。

「経済は世界史から学べ!」

⇒バックナンバー一覧