ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

反騰相場からボックス相場へ
押し目買い・噴き値売りに転換を

2009年7月15日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

日米とも約2年に及んだボックス相場

 「バブル崩壊」と呼称された下げ相場も、やがて必ず底が入り反騰に転じる。バブル崩壊と回復の過程は、通常以下のようなパターンをたどる。

 (1)急落・暴落局面を交えた大幅な株価下落→(2)日柄調整による底練り→(3)大底の確認→(4)さまざまな政策対応による急激な反騰相場→(5)過大な期待と深刻な実態が錯綜したボックス相場→(6)ボックス離脱相場。

 景気実体の改善や、不良債権処理の進展、金融システムの健全化等が確認され、相場は新たな局面へ移行する。効果的な政策対応があれば、新たなブル・トレンド入りとなる。

 1929年大恐慌後の米ダウ工業株30種平均の動きは、この典型的なパターンである。ダウは29年9月高値381ドルから32年7月安値41ドルまで9分の1以下にまで暴落する。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧