ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
金融市場異論百出

共通キーワードは「気合い」?
日銀の“ヤンキー金融緩和策”

加藤 出 [東短リサーチ代表取締役社長]
2014年3月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 近年、「ヤンキー文化論」が花盛りだ。日本人の多くに昔から「内なるヤンキー性」が潜んでいるという普遍性の議論がベースとなっている。

 エッセイストの酒井順子氏は、ヤンキー的センスは「末端を肥大化する」という特徴を持つと指摘している。長く伸びたリーゼント、改造車のマフラー、地面につくほど長いレディースのハチマキに似た末端の誇張は、歌舞伎には昔からあった。平安時代にもヤンキーはいたという。心理病理学者の斎藤環・筑波大学教授も、戦国武将の天に向かってとがる兜のデザインは、現代の改造車の竹やり(排気管)に通じると解説している。

 また、建築家の隅研吾氏は、成長が終わった脱工業化社会において、ヤンキー的な「祭り」こそが豊かさをもたらすというコンセプトの下、昨年竣工の東京・銀座の歌舞伎座を設計したという。

 原田曜平氏の『ヤンキー経済』は、近年のヤンキーは暴力性が薄く、徹底的に地元志向なマイルドヤンキーであり、中学時代からの友人との関係を維持するためなら支出をいとわない優良な消費者だと指摘している。その人口は大都市近郊も含め今や大変な数に及んでいるが、彼らは地元の5キロメートル圏内から出ないため、企業はマーケティングできていない、という。

 ヤンキーは今や「新保守層」として政治的マジョリティになりつつある。斎藤教授は、彼らの特徴は「気合いとアゲアゲのノリさえあれば、何とかなるべ」という「行動主義」にあると述べている。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


金融市場異論百出

株、為替のように金融市場が大きく動くことは多くないが、金利の動向は重要だ。日本を代表する日銀ウォッチャーが金融政策の動向を分析、金融政策の動向を予測する。

「金融市場異論百出」

⇒バックナンバー一覧