ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside

金融引き締めで投機が崩壊
中国・銅価格急落の真相

週刊ダイヤモンド編集部
2014年4月1日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage
中国の銅は電線などのインフラ需要が多い。政府が成長率目標を維持する限りは、一定の需要はあるはずだ
Photo:Imaginechina/時事通信フォト

 新たな「チャイナリスク」が顕在化した。中国の銅価格の急落が、世界の市場に不安をもたらしているのだ。

 3月5日からの1週間で、上海先物取引所の銅価格は10%下落。これが中国での需要減退、すなわち景気の減速を示すものとして市場の警戒感をあおり、12日には世界の株価下落の一因ともなった。

 中国の景気減速は事実だ。1~2月の製造業PMI(購買担当者景気指数)、鉱工業生産などの指標は市場予想を下回り続けている。

 しかし問題は、別の面にある。実は、中国の銅輸入の半分ともいわれる部分を、投機目的が占めているのである。

 方法はさまざまだが、基本は以下のような形だ。銀行から米ドル資金を調達し、銅を輸入する。信用状を用いた輸入では支払いまでに6カ月程度の猶予期間があるため、この間に、得た資金を元に人民元で運用し、銅の売却代金は人民元で受け取る。米ドルと人民元の金利差で利ざやを稼げるだけでなく、売却までの間に理財商品や社債などで運用するケースもあるとみられている。

 ところが1月、理財商品のデフォルト(債務不履行)が懸念される事態となり、3月7日には中国で初の社債デフォルトが発生。さらに政府もこれを容認する姿勢を示した。業者やそれらに資金を供給する銀行に一気に不安が広がり、担保の銅があわてて売られて銅価格が下落、さらに売りが加速したという構図である。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside

産業界・企業を取り巻くニュースの深層を掘り下げて独自取材。『週刊ダイヤモンド』の機動力を活かした的確でホットな情報が満載。

「inside」

⇒バックナンバー一覧