ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
ひとり社長の経理の基本
【第2回】 2014年4月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
井ノ上陽一

“経理はわからないから、税理士に丸投げしよう”
こんな社長に襲いかかる「2つの大損」

1
nextpage

「経理なんてわからないし、お金にならないから、税理士に全部やってもらおう」。こうした「経理の丸投げ」を行っているひとり社長をたくさん見てきました。しかし断言します。経理を丸投げしてしまうと、取り返しのつかない大損をするのです。詳しく見ていきましょう。

「経理を丸投げする」と、
修業中の無資格者が担当する?

前回の記事では、ひとり社長の3ステップ経理術を見てきました。ただ、中には「全部自分でできるかな?」と不安に思われた方もいらっしゃるかと思います。「経理実務をどこまで社長がやるか」については、「丸投げして、全部任せる」「部分的にやってもらう」「すべて自分でやる」の3パターンがあります。

 このうち、経理の3ステップ(集める、記録する、チェックする)、及び決算・申告すべてを任せる「丸投げ」をやってはいけません。

 税理士事務所へレシートや領収書、その他の資料を渡してやってもらうわけなので、非常にラクなのですが、次のようなデメリットがあります。

【デメリット】
 任せっきりだと、自社の経理がわからなくなります。これが一番の問題です。丸投げを受ける税理士事務所は、格安でやっていることがほとんどです。その場合、修業中の無資格者が担当することが多く、こちらの質問への回答もあいまいで、提案力もなく、わかりやすく説明する力もありません。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


井ノ上陽一 (いのうえ・よういち)

「経理業務の効率化」「会計とITの融合」を得意とする税理士。
大学卒業後、総務省統計局に勤務し、数字の分析手法とITスキルを学ぶ。しかし、「独立して、数字とITで社会貢献したい」という思いから、税理士受験に挑戦。見事合格し、税理士資格を取得。2007年に独立を果たす。
「経理は難しくない! ひとり社長でもできる! 」をモットーに、ITを駆使した効率の良い経理を経営者に伝えている。目標は、手書き伝票を使う、手間をかけすぎるといった「経理の古い慣習」を変えること。
業務効率化を得意とし、あるクライアントでは、Excelによる業務管理システムの導入とペーパレス化の推進により、年間240時間分の業務を削減した。
現在、世界で100人強しかいない「マイクロソフトMVP for Excel」の資格を所持している。
税理士業務に加えて、セミナー・執筆などを通じて、「数字」「お金」「時間」「IT」に関する悩みを解決し、新しいワークスタイルを提案している。


ひとり社長の経理の基本

本連載は、社長ひとりだけの会社、つまり「ひとり社長」が知っておくべき経理の基本をまとめたものです。「めんどくさい、わからない、不安」と3拍子そろった経理ですが、本連載では、経理実務を極限まで簡略化します。それが、「①集める、②記録する、③チェックする」という3ステップ経理術。余計な知識は全部省いて、「ひとり社長なら、ここだけでいい」とポイントをおさえ、しっかり解説します!

「ひとり社長の経理の基本」

⇒バックナンバー一覧