ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
小さな会社は「決算だけ」税理士に頼みなさい!
【第4回】 2012年9月27日
著者・コラム紹介バックナンバー
土屋裕昭 [税理士、CFP、登録政治資金監査人]

経理コストの大幅削減も可能!
「決算だけ」の意外なメリット

1
nextpage

「決算だけ」にすると税理士のチェックがなくなって、経理のミスや不正が起こらないか心配……。経営者のみなさんのそんな声が聞こえてきそうです。
そこで今回は社長がここだけ押さえれば大丈夫!というポイントをお教えします。そのポイントは、特に帳簿や経理の知識がなくてもひとおおりチェックするだけですぐに気づくものばかり。
しかも、「決算だけ」を選択して経理をシンプルにすれば、手間もかからず、経理担当はアルバイト社員でもOK。経理コストの大幅削減も可能です!

 

ここだけ押さえれば「決算だけ」でも
経理のミス、不正は防ぐことができる

 税理士との関係を「顧問契約」から「決算だけ」に切り替えると、当然のことながら、これまでのように毎月社内の経理に誤りがないかをチェックしてもらうことはできなくなります。

 そこでもっとも危惧されるのは、第三者の目がなくなることによる経理社員の不正です。たいていは金額が小さいため、ニュース沙汰になることはありませんが、決して「珍しい」話ではありません。

 手口はいろいろで、私的な領収書を紛れ込ませて経費を不正に請求するものから、信頼して任せきっていたところ勝手に会社名義の口座を新設し、そこに顧客からの支払いを振り込ませて横領する、といったものまであります。

 ただいずれの手口も、領収書や請求書、入出金の状況をひととおりチェックするだけで、気づくものばかりです。特に経理や帳簿の知識が必要になるわけではありません。「決算だけ」にするならば、最低限その役割を社長が担うことが求められるでしょう。

 もう少し進んで、資金繰り等の事故も避けたいなら、以下の3点についても月単位でチェックするといいでしょう。

(1)現金、預金、売掛金、買掛金の残高
→たとえば、売掛が月末締めの翌月末回収のサイクルの場合、月末に当月発生した売掛金額以上の残高になっているならば、入金が遅れている売掛金が発生しています。

(2)外注費の支払時期
→「元請けから入金があった後に、外注への支払い」というサイクルが守られているかをチェックします。このサイクルが崩れていると、入金が遅れた場合、資金繰りに支障をきたすことになりかねません。

(3)利益率
→主だった商品やサービスについては、利益率の目安を把握しておき、著しく下がっているようなことはないかチェックします。理由もなく下がっている場合、社員がキックバック目的で仕入額等を水増ししていることも考えられます。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
まいにち小鍋

まいにち小鍋

小田真規子 著

定価(税込):本体1,100円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
簡単で安くて、ヘルシー。ポッカポカの湯気で、すぐにホッコリ幸せ。おひとりさまから共働きのご夫婦までとっても便利な、毎日食べても全然飽きない1〜2人前の小鍋レシピ集!「定番鍋」にひと手間かけた「激うま鍋」。元気回復やダイエットに効く「薬膳鍋」や、晩酌を楽しみたい方に嬉しい「おつまみ鍋」など盛り沢山!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


土屋裕昭(つちや・ひろあき) [税理士、CFP、登録政治資金監査人]

1973年生まれ。大学卒業後、一般企業勤務を経て、簿記知識ゼロから3年間で税理士試験合格。設立間もないベンチャー企業から上場会社まで、幅広い法人クライアントをサポート。特に、中小企業のサポートを得意としており、商人気質を持った税理士(実家は、新宿でお好み焼き店を営んでいる)として経営者からの信頼も厚い。「決算だけ」の先駆的存在。共著に『やさしくわかる経理・財務の基礎知識』(税務経理協会)、『経理・財務スキル検定FASSテキスト&問題集』(日本能率協会マネジメント)、監修に『小さな会社 社長が知っておきたいお金の実務』(実務教育出版)など。


小さな会社は「決算だけ」税理士に頼みなさい!

税理士に「決算だけ」を依頼することができるってご存知でしたか? でも、税理士と顧問契約をしていないと、税務署ににらまれたり、銀行から融資を受けられなくなったりするのでは……。そんな不安を持つのも当然です。普通の税理士は絶対に教えてくれない、「顧問契約なし」で税務署も銀行も問題なし!の方法をお教えします。

「小さな会社は「決算だけ」税理士に頼みなさい!」

⇒バックナンバー一覧