ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
エコカー大戦争!

円高より怖い中国発の負の連鎖
日本から自動車工場が消える日

桃田健史 [ジャーナリスト]
【第19回】 2009年12月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 ドイツ・シュトゥットガルトにあるダイムラー本社。隣接するのは、同社カンパニーカラーの落ち着いたシルバーに輝くメルセデス・ミュージアムだ。

 8ユーロ(約1000円)の入場料を支払った後、音声ガイダンス機を受け取りエレベーターに乗る。最上階7階へ昇りながら、「カッパカ、カッパカ」と馬の走る音が流れる。

 扉が開くと、そこは1885年。馬車時代から自動車時代への社会大変革期である。最初の展示品は、カール・ベンツが開発した三輪移動体「モートル・ヴァーゲン」。これぞ世界最初の自動車だ。その心臓部は1気筒・1馬力のガソリンエンジンである。偶然にもほぼ同時期に、ベンツが本拠としていたマンハイムのほど近くで、ゴッソトープ・ダイムラーもガソリン自動車の開発に成功していた。後年、両社は第一次自動車産業界再編期に合併することになる。

 このドイツ発の自動車産業はアメリカでの大量生産期、日本高度成長期を経て、124年後の今年、史上空前の大転換期を迎えている。

 BRICsなど新興国経済の急成長による自動車世界市場の「パラダイムシフト」、若者たちの「クルマ離れ」という世界的な現象、そして自動車開発・製造の観点では「主動力の電動化」が進行するなど、トヨタ自動車・豊田章男社長を筆頭に日系自動車メーカー幹部が近頃やたら口にする「100年に1度の自動車産業界の変革」が訪れている。

 筆者は、11月23~25日まで中国・広東省・広州市の第七回中国広州国際汽車展覧会を取材した後、成田を経てドイツに飛んだ。

 同国中西部デュッセルドルフに近いエッセン市で開催された、欧州最大級の自動車アフターマーケット見本市「エッセンモーターショー」を取材するためだ。この10数年間、ブラバス、ロリンザー、カールソンなどベンツを中心としたドイツ車改造車ビジネスが日米欧で盛んになった。しかし、不況と世界各地の富裕層の「心変わり」によって、こうしたビジネスモデルは急速に体力を落としている。筆者が毎年訪れてきたこのエッセンモーターショーも青息吐息の状態で、来年の開催が危ぶまれているほどだ。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
好評発売中!
「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」

ハイブリッド車、電気自動車、燃料電池車の共存でビジネスモデルは混沌!トヨタ、ホンダ、日産、三菱など日本メーカーは世界で勝てるのか?年間飛行機移動時間が最も長い日本人自動車ジャーナリストが世界のエコカー事情を徹底取材。市場・インフラ、技術、政策、各社の戦略を詳細かつヴィヴィッドにレポート!

話題の記事

桃田健史 [ジャーナリスト]

日米を拠点に世界各国で自動車産業の動向を取材するジャーナリスト。インディ500、NASCARなど米国レースにレーサーとしても参戦。自動車雑誌に多数の連載を持つほか、「Automotive Technology」誌(日経BP社)でBRICs取材、日本テレビでレース中継番組の解説などを務める。1962年生まれ。著書「エコカー世界大戦争の勝者は誰だ?」好評発売中


エコカー大戦争!

「エコカー=日本の独壇場」と思っているとすれば、それは大間違いだ。電気自動車、ハイブリッド車を巡る市場争奪戦はこれからが本番。日本は序盤戦を制したに過ぎない。世界規模の取材でエコカー大戦争の行方を探る。

「エコカー大戦争!」

⇒バックナンバー一覧