ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営課題を解決するビッグデータソリューション
2014年6月30日
著者・コラム紹介バックナンバー

高度な顧客の声(VOC)分析で
抜本的な業務改善に貢献
NTTアドバンステクノロジ/Impact360SA

1
nextpage

顧客と企業の接点としてコンタクトセンターの役割が増してきた。そこに蓄積される膨大な顧客の声は、企業にとってまさに業務改善のための宝の山。こうした音声情報を多角的に分析し、企業の包括的な業務改善に貢献するのが、NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)が提供する「Impact360SA(音声分析)」だ。

高度な音声分析機能で
顧客の声が即改善に生きる

 今、業界を問わず顧客と企業の接点が店舗からコンタクトセンターへと移行している。その規模も大型化しており、数千から1万人規模のオペレーターを抱える例も珍しくない。

 コンタクトセンターには、膨大な顧客の生の声(VOC:Voice Of Customer)が寄せられる。音声をいかに早く解析、データ化して社内にフィードバックするかが、顧客満足度の向上や、離反率およびコストの削減などに大きく影響するのだ。

NTTアドバンステクノロジ
湯浅晴喜
グローバルプロダクツ事業本部
メディアコミュニケーション
プロダクツビジネスユニット
ビジネスユニット長

 VOCは有用なビッグデータとして注目されながらも、音声解析技術商用化の難易度の高さなどから、これまでなかなか活用が進まなかった。これを一気に解消するのが、NTT-ATが提供するコンタクトセンター向け音声分析システム「Impact360SA」だ。

 このほど最先端の音声解析機能が実装され、通話音声の記録からテキスト化、キーワードに基づくカテゴリー分類、さらには、通話に登場する語句を分析し重要情報を浮き彫りにして(Tell Me Why)、そのトレンドを分析する業務までが一括して行えるようになった。「Impact360SA」はこれまでも、応対品質評価やワークフォース最適化などの分野で世界最大シェアを獲得している。

 NTT-ATの湯浅晴喜・グローバルプロダクツ事業本部メディアコミュニケーションプロダクツビジネスユニット ビジネスユニット長は、同システムの特徴を次のように述べる。

 「コンタクトセンターへの問い合わせ内容は、商品の使い方からクレームまでさまざまです。これらを人が聞いて分類・分析した場合、カバーできるのは全体の1%程度だといわれます。『Impact360SA』なら、膨大な通話音声を迅速に分析でき、改善のためのフィードバックをすぐに行えます」

1
nextpage

DOLトップへ
underline
お問い合わせ先

NTTアドバンステクノロジ株式会社

〒212-0014

神奈川県川崎市幸区大宮町1310

ミューザ川崎 セントラルタワー

 0120-057-601
■商品お問い合わせセンタ
受付時間 平日9:00~17:00

http://www.ntt-at.co.jp/


■Impact360

http://ngw.ntt-at.co.jp/product/Impact360/




経営課題を解決するビッグデータソリューション

ビッグデータを利活用するための法制整備が進みつつある。解析技術の進化による新しい情報基盤の創出可能性とも相まって、データを介した異業種間の協業などで経営課題の解決が加速する動きに期待が持たれている。

「経営課題を解決するビッグデータソリューション」

⇒バックナンバー一覧