ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
世界のビジネスプロフェッショナル 経営者編

ルイス・フレデリック・ガースナー
[IBM社CEO]

企業再生の伝統的名手

【第10回】 2007年11月29日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

ルー・ガースナー

 ルー・ガースナーの経歴は信じられないほどすばらしい。豊かな教育を受け、工学と経営学を専攻したガースナーは、マッキンゼー社で経営コンサルタントの仕事に就いた。31歳でシニアパートナーに昇進、これは同社の最年少記録だった。これに肩を並べる華々しい出世が、一流企業のアメリカン・エキスプレス社(アメックス)そしてRJRナビスコ社、IBM社と続く。

 アメックスで、ガースナーは低迷しているクレジットカード事業を生き返らせた。RJRでは負債の山の一掃に取り組み、20世紀の巨大企業買収の体制を整えた。

 IBMでの仕事は絶対に勝ち目がないように思われた。かつて偉大だった企業が船底に穴をあけられ、タイタニックよりも早いペースで沈んでいるというような状態だった。ヘッドハンティング会社から「国のために」と説得され、ようやくガースナーは決心を固めた。それから8年でIBMはよみがえった。

生いたち

 1942年3月1日、ニューヨーク州ミネオラで4人兄弟の2番目の息子として生まれた。子ども時代の教育には、地元のカトリックの学校が大いに貢献している。高等教育は、現代における数多くの一流エグゼクティブが経験している、まさに絵に描いたような進級、進学だった。まず、専門的な知識を身につけるためにダートマス大学で工学を学ぶ。1963年に卒業。次にハーバードビジネススクールでMBAを取得し、1964年、経営コンサルティング会社マッキンゼーに入社した。

成功への階段

 マッキンゼーで、ガースナーはとんとん拍子で出世し、28歳でディレクターに任命される。

 マッキンゼー以後の経歴も、やはり目を見張るものがある。1980年代に働いたアメリカン・エキスプレス社では、同社のクレジットカード部門を立て直し、その純利益を66%増加させた。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR


おすすめの本
おすすめの本
「ザ・ビジネス 世界で最も偉大な経営者」好評発売中!

ジャック・ウェルチ、ビル・ゲイツ、松下幸之助ほか世界的な名経営者52人から学ぶビジネスの極意。彼らの生い立ちと、思想体系をコンパクトに凝縮。ビジネスパーソンとしての教養と見識が確実にレベルアップする1冊。2940円(税込)

話題の記事


世界のビジネスプロフェッショナル 経営者編

世界のビジネス界をリードした、偉大な経営者たちの生い立ちと実績を紹介。ジョブズ、ウェルチ、ゲイツ、ゴーン、孫正義、盛田昭夫、松下幸之助、本田宗一郎ほか。

「世界のビジネスプロフェッショナル 経営者編」

⇒バックナンバー一覧