ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
IT導入で会社に革命を起こせ

社内を納得させたのは「実績とデータ」
ウェブ解析ツールで自社サイトを効率化した三井住友カード

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第2回】 2014年7月31日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

200種類以上ものクレジットカードを発行している三井住友カード。自社サイトは、各営業部隊による「バナー広告の目立つ場所」の争奪戦だった。効果も検証できていないまま、混沌としているサイトを改革すべく、解析ツールを導入。「科学的データ」に基づくサイト再構築に取り組んでいる。

 「ここの場所は、ウチがもらう」−−。三井住友カード社内では昨年春まで、自社サイトのバナー広告の陣取り合戦が熾烈を極めていた。

 かつては毎月一度、顧客に利用明細を送る際、プロモーション資料やクーポンを同封するという顧客へのアプローチが定番だったクレジットカード業界。利用明細ゆえに開封率が高く、有効なツールだった。

 しかし、時代は変わり、今やウェブサイト上で明細を確認する顧客も増えた。一方、紙のプロモーションや、コールセンターによるアプローチはウェブに比べてコストが高いため、いかにして自社サイトを効率的に活用するかが課題となっている。

 「まるでホームページは雑居ビルのようだった」。辻本卓也・ネットビジネス事業部グループマネージャーは、以前をこう振り返る。本来、自社サイトの構築権限があるはずのネットビジネス事業部は、いつしかサイト管理と制作を請け負う部隊と化していた。営業部隊が、一番いい場所を求めるのは当然のこと。しかし、そんな彼らにきちんとしたデータの裏付けを元に提案をし、交通整理するだけのツールを持ち合わせていなかったのだ。

 そんな状況をひっくり返したのは、「たまたま見つけた」というアドビシステムズの「Adobe Analytics」と「Adobe Target」。この2つのシステムを導入することで、訪問者がどこから来て、どのように離脱していったか、という詳細なサイト解析や、訪問者の属性や過去の訪問履歴などから、その訪問者に適したコンテンツを出すことなどができるようになる。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
IT&ビジネス
関連記事
クチコミ・コメント
facebookもチェック

IT導入で会社に革命を起こせ

次々に新しいテクノロジーが出現し、ベンダーからは星の数ほどの新製品・システムが売り出される時代。
しかし、IT技術の導入は正しい経営判断と運用なくしては成功し得ない。事例スタディを通じて、成功するIT導入の条件を探る。

「IT導入で会社に革命を起こせ」

⇒バックナンバー一覧