ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
だから、全然うまくならない!日本人の英語学習5つの「非常識」
【第1回】 2014年8月25日
著者・コラム紹介バックナンバー
竹内真生子 [エースネイティブ発音リスニングスピーチ研修所代表]

シャドーイングでは英語は上達しない

1
nextpage

「TOEICで730点を超えられない」

「語学留学をしてもペラペラにならなかった」

「ネイティブとの英会話でも上達しなかった」

 これまでいろいろな英語学習法を試してきたのに、「うまくなった!」という実感を持てない。そういう人は多いはず。ちまたには、ネイティブの先生がマンツーマンで対応してくれる英会話教室、低価格で行ける短期の語学留学、種々のリスニング教材などなど、英語学習にはたくさんの手段があります。

 ところが、それらのなかには「非常識」な学習法もずいぶんあるそうです。

「英語がうまくなりたいなら、まずは発音を直しなさい」

 そう断言するのは、『1年海外留学するよりも英語がうまくなる 完全独習英語発音トレーニング』の著者・竹内真生子さん。今回から始まる全5回の連載では、長年にわたり「なぜ、日本人はこれだけ勉強しても英語ができるようにならないのか?」という疑問に取り組み続けている竹内さんに、誤解にみちた日本人の英語学習法について語っていただきます。

「聞き流すだけで話せるようになる」はウソ

 日本人が「英語をできるようになりたい」と考えた時、一番にやるのがリスニングの練習かスピーキングの練習です。

 たとえば、学習用教材、ニュースやラジオ、映画などで毎日のように英語をシャワーのように浴びていれば、知らないうちにリスニング力がアップして、ネイティブと普通に会話ができるようになり、そのうえ発音もきれいになる。もし、みなさんのなかにそう信じている人がいるとしたら、今すぐ忘れてください。たくさんの日本人が信じている、その「常識」はまったくのデタラメです。

 人間は「知らない音」を何千回、何万回聞いても決して理解できるようにはなりません(これについては次回の連載で詳しく書きます)。私は都内で英語の発音矯正をおこなうスクールを主催していますが、その生徒さんのなかにも、何十万もする英語教材をローンで購入したものの、まったく英語ができるようにならなかったという人が何人もいます。ちなみに私自身も、かつて「聞き流すだけ」の教材に手を出して、ずいぶんおかねをムダにしてしまいました。

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
キーワード  TOEIC
チームの生産性をあげる。

チームの生産性をあげる。

沢渡あまね 著

定価(税込):本体1,600円+税   発行年月:2017年7月

<内容紹介>
どんな職場でも働き方は変えられる!人気の業務改善士が教える、仕事の進め方を変えて、アウトプットを最大化する8ステップ。日本マイクロソフト、ヤフー、日本旅行、ナムコ、NTTデータ、大阪王将、ジヤトコ…他、企業事例多数!「働き方改革」実践書の決定版!

本を購入する
著者セミナー・予定
(POSデータ調べ、7/2~7/8)



竹内真生子[エースネイティブ発音リスニングスピーチ研修所代表]

エースネイティヴ発音・リスニング・スピーチ研修所(http://www.ace-schools.co.jp/)を主宰。10年をかけて独自に開発した英語発音矯正メソッドは、海外で活躍する医師、経営コンサルタント、政府職員など、エリート層から圧倒的支持を集め、受講者からは、たった3ヵ月の集中トレーニングで「ネイティブ並の発音が身につき、会話力も飛躍的にアップした」「会話がスムーズになり、クライアントから信頼されるようになった」「帰国子女より発音がよくなった」と高評価を得ている。慶應義塾大学工学部(現理工学部)卒。日本英語音声学会会員、日本音声学会会員。

 


だから、全然うまくならない!日本人の英語学習5つの「非常識」

「ネイティブの英語をシャワーのように浴び続ければ、英語がしゃべれるようになる」「海外留学すれば、英語がペラペラになる」「子供の頃から英語を習えば、ネイティブ並の発音になる」ちまたで信じられている英語学習にまつわる「常識」は、実はウソばかり。日本人の英語が上達しない根本原因は「発音」にあると気づき、10年をかけて独自の英語矯正メソッドを作り上げた今、注目の著者が、英語学習にまつわる「誤解」を暴く。

「だから、全然うまくならない!日本人の英語学習5つの「非常識」」

⇒バックナンバー一覧