ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
英語は「インド式」で学べ!
【第1回】 2014年4月14日
著者・コラム紹介バックナンバー
安田 正 [(株)パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役 ]

日本人の英語勉強法は大間違い!
英語は「インド式」が日本人に最適

1
nextpage

この連載では、単語・文法・発音など、新しい暗記は必要ナシの「インド式英語学習法」の発想を取り入れて、日本人の脳に最も適した最強の学習法をお伝えいたします! 英語を学習している人の99%が英語がしゃべれません。今までの日本人の「英語の学習方法」が、完全に間違っていたからです。

「英語を話したい」という、
まさにあなたのための「インド式英語学習法」

 こんにちは。安田 正(やすだ・ただし)です〜!!

【英語は「インド式」で学べ!】の記事に、ご興味を持っていただき、ありがとうございます!!

 この記事にご興味をもったあなたは、もしかしたら、次のような「思い」をお持ちではありませんか?

・英語が話せないのは、そもそも、今までの「学習法」が
 間違っていたからではないのか?

・もしかしたら、「インド式」であれば、自分も英語が
 話せるようになるのではないか?

・「いつか」は英語が話したい! そして、そのきっかけが
 この記事に、あるのではないか?


・もし「1時間後に英語が話しはじめられる」とするならば、
 その方法を、ぜひ、知りたい!

……もし、そんな「思い」をお持ちなのであれば、この【英語は「インド式」で学べ!】の記事は、

「そんな、あなたのために書かれた記事!!!」

と言っても過言ではないぐらい、あなたにピッタリの内容が詰まっています! なぜなら、

・英語が苦手な人でも、
 1時間後には、英語が話し
 はじめられる方法を理解できる!

・まさしく日本人のための
 「英語学習法」!

・「たった3つの動詞」で、
 誰でも「英文のカタチ」
 が作れるようになる!

・単語、文法、発音、などの、
 新規の暗記は必要なし!

・いちばんカンタンな英語で、
 世界に通じる英語
(グローバル・イングリッシュ)
 が話せるようになる!

……という要素を満たした、まったく新しい英語の学習法である「インド式英語学習法」を、あなたにお伝えする記事だからです!!!

1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
  • ダイヤモンド・オンライン 関連記事
    借りたら返すな!

    借りたら返すな!

    大久保 圭太 著

    定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2017年7月

    <内容紹介>
    会社がつぶれないためには、会社に「お金」があればいい。つぶれない会社に変わるための「銀行からの調達力を上げる7つのステップ」や「儲ける会社がやっている6つのこと」、「つぶれそうな会社でも、なんとかる方法」などを紹介。晴れの日に傘を借りまくり、雨になったら返さなければいい、最強の財務戦略を指南する。

    本を購入する
    ダイヤモンド社の電子書籍

    (POSデータ調べ、8/6~8/12)



     

    安田 正 [(株)パンネーションズ・コンサルティング・グループ代表取締役 ]

    早稲田大学理工学術院非常勤講師。1990年に法人向け研修会社パンネーションズを設立し、「日本人のた めの英語学習法」を提供。そのユニークな学習方法はNHK「クローズアップ現代」や、フジテレビ「めざま しテレビ」など、多くの雑誌メディアでも取り上げられた。これまでIT、電機機器メーカー、自動車メー カー、小売業、金融などの多岐にわたる大手企業&中小企業、約1500社、55万人に研修を実施している。現 在は、「英語」の他「ロジカル・コミュニケーション」 「ロジカル・ライティング」 「対人対応コーチ ング」 「交渉術」などのビジネスコミュニケーションの領域で研修を行っている。安田自ら講師、コンサ ルタントとして活躍中。早稲田大学理工学術院非常勤講師を務める一方で、東京大学大学院工学系研究科 、お茶大アカデミック・プロダクションでも授業を担当。また、過去には、一橋大学国際教育センターで も授業を担当した経験を持つ。著書に、『一流役員が実践している仕事の哲学』(クロスメディア・パブリ ッシング)、『1億稼ぐ話し方』(フォレスト出版)、『ロジカル・コミュニケーション』(日本実業出版社) 、など、多数。


    英語は「インド式」で学べ!

    この連載では、単語・文法・発音など、新しい暗記は必要ナシの「インド式英語学習法」の発想を取り入 れて、日本人の脳に最も適した最強の学習法をお伝えいたします! 英語を学習している人の99%が英語が しゃべれません。今までの日本人の『英語の学習方法』が、完全に間違っていたからです!

    「英語は「インド式」で学べ!」

    ⇒バックナンバー一覧