ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

“改悪”前の大人気のがん保険が
りそなでひそかに販売される訳

週刊ダイヤモンド編集部
2014年8月19日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 生命保険業界の一部でひそかに話題になっていることがある。それは、6月末で商品改定のために売り止めになったはずのAIG富士生命保険のがん保険「がんベスト・ゴールド」が、一部の販売代理店でのみ、継続販売されていることだ。

 このがん保険は、保険商品に詳しいファイナンシャルプランナーたちからの評価が極めて高い保険。というのも、がんと診断されると、最高で300万円もの診断一時金が支払われるからだ。

 がんに罹患すると、他の疾病に比べて働けなくなる期間が長期にわたったり、高額な治療を行ったりするなど多額の費用が掛かりがち。そのため、診断一時金の額が100万~200万円である他社に比べて、高額であるAIG富士の評価が高いというわけだ。

 だが、高額の診断一時金を支払うが故、AIG富士は「逆選択」に苦しめられていた。これは、モラルリスクの一種で、保険契約者ががんに罹患する可能性が高いことを知りながら、保険契約を行うというものだ。

 がん保険は契約してから90日間は、診断一時金などの給付金を支払わない仕組み。だが、90日を過ぎた途端、一気に請求が押し寄せる傾向が強い。それ故、高額の診断一時金を支払うAIG富士は「格好の的になっていた」と、ある保険数理の専門家は話す。

 そのため収支が大幅に狂い、「将来的に赤字に陥るリスクがあった」と同社幹部は明かすほどで、AIG富士はこのがん保険を6月末で売り止めにし、7月1日から改定版の「がんベスト・ゴールドα」に切り替えたのだ。

 結果、保険料が1.5~2倍に引き上げられ、これまで主契約に含まれていた上皮内新生物(転移しないため、がんである悪性新生物と区別される)は特約扱いとなった。それでも他社のがん保険より商品内容は優れているものの、事実上の“改悪”となった。

次のページ>> 一部の現場で大混乱
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧