ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
株式市場透視眼鏡

これから着目すべきはPER
シンプル投資の2つの注意点

2009年8月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 株価は堅調な推移が見込まれる。2009年度の第1四半期決算発表で企業業績の回復傾向が確認され、さらに中間決算発表での上方修正の期待も高まる。

 これまではPBR(株価純資産倍率)の銘柄選別効果が高かった。2月時点でPBR1倍割れだった銘柄は6月末までの5ヵ月で平均5.4%上昇。この間の日経平均の4.6%の上昇を大きく上回った。

 だが、これから注目すべき投資尺度はPER(株価収益率、株価÷1株当たりの利益)となるだろう。ただし、単純な低PER投資は危険だ。この投資には2つの注意点がある。

 第一に足元は業界の環境がバラツキ、業種別にPER水準が大きく異なっていることだ。低PER株は食料品などのディフェンシブ業種に多い。

 一方、シクリカル業種や成長業種は景気後退の影響から利益がマイナスとなる企業も多く、株価が売り込まれてもPER水準は高い。

PER&リビジョン投資

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


株式市場透視眼鏡

株式投資家に向け、具体的な銘柄選びの方法と銘柄名、株価の動向見通しなどを分析・予測。現役トレーダーが執筆。定量的なデータを駆使し株式投資に役立つ情報満載。

「株式市場透視眼鏡」

⇒バックナンバー一覧