ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
inside Enterprise

何をしても周囲は再編想起
地銀9行連合漏れの横浜銀

週刊ダイヤモンド編集部
2014年9月10日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 銀行界で立て続けに、業務提携と共同出資が発表になった。その両方に、ある地方銀行の名前が並んだことに、地銀業界がざわついている。

 話題の中心は預金量11兆円を誇る地銀トップバンク、横浜銀行だ。

財務省(旧大蔵省)OBが8代連続でトップを務め、金融当局との交渉でも力を発揮してきた横浜銀行
Photo:Bloomberg/gettyimages

 一つは、8月27日に横浜銀と三井住友信託銀行が発表した業務提携だ。資産運用会社の共同設立と、資産運用や個人向け投資商品の販売での提携に基本合意した。2社は他の地銀との提携拡大も視野に入れているという。

 もう一つは、地域経済活性化支援機構が設立したヘルスケアファンドだ。みずほ銀行に加えて大手地銀が共同出資を予定しており、そこに横浜銀も名を連ねた。

 少し前であれば、さほど話題にならなかったであろう二つの案件。しかし、そのどちらにも横浜銀が名を連ね、さらに他の地銀が絡むスキームという点に、地銀界は今、特別な意味を見いだしている。

 その背景には、“9行連合事件”がある。今年1月、全国の有力地銀9行が地域再生で連携を発表したが、そこに横浜銀の名前がなかったのだ。全国地方銀行協会の会長行を長年務めてきた地銀界の“顔”。その横浜銀が有力地銀の連携を主導できないばかりか、そこから漏れるというのは、彼らのプライドを傷つけた。

 そうした状況の中で、横浜銀の名前と地銀連携の話が重なった案件が、2件も立て続けに発表となった。となれば、自然と「9行連合に漏れたことの汚名返上ではないか」(複数の大手行関係者)という発想に結び付くというわけだ。

1
nextpage

今週の週刊ダイヤモンド

2017年2月25日号 定価710円(税込)

特集 弁護士・裁判官・検察官 司法エリートの没落

知られざる法曹界の真実

【特集2】
サントリーと創業家
グローバル化への試練

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購入いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

【下記のサイトからご購読いただけます】

(ストアによって販売開始のタイミングが異なるため、お取扱いがない場合がございます)

スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


inside Enterprise

日々刻々、変化を続ける企業の経営環境。変化の中で各企業が模索する経営戦略とは何か?『週刊ダイヤモンド』編集部が徹底取材します。

「inside Enterprise」

⇒バックナンバー一覧