ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
生活保護のリアル みわよしこ

シングルマザーの貧困は本当に「自己責任」!?
100人調査でわかった母親たちの実態

みわよしこ [フリーランス・ライター]
【政策ウォッチ編・第76回】 2014年9月12日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

現在の日本では、6人に1人の子どもが貧困状態にある。なかでも深刻なのは、ひとり親世帯の状況だ。ひとり親世帯の貧困率は2人に1人以上(※ひとり親世帯の貧困率54.6%、2013年国民生活基礎調査 厚労省)にも達している。絶対的貧困ではなく相対的貧困だが、「だから深刻さが少ない」とはいえない。

今回は、シングルマザーの孤立・困難・貧困を「まるごとささえる」活動を展開する「大阪子どもの貧困アクショングループ(CPAO)」代表の徳丸ゆき子氏にインタビューした。「DVをガマンせずに離婚したから」などと特に自己責任論で追い詰められやすいシングルマザーたちとその子どもたちは、今、どういう状況にあるのだろうか?

「なんとか一緒に生きていこう」
子どもの「今」をサポートする活動

徳丸ゆき子さん
大阪子どもの貧困アクショングループ(CPAO/シーパオ)代表。大阪府生まれ。NPO法人にて不登校、ひきこもり支援に従事した後、2002年より国際協力NGOセーブ・ザ・チルドレン・ジャパンに所属。国内事業を担当。子どもの社会参画、子どもの貧困、東北大震災復興支援のスタッフを経て、2013年に現団体設立。
Photo by Yoshiko Miwa

 「『生き延びることが大切』ということを、言っていかないと。もっと言っていかないといけないと思います」

 知的な表情とシャープな語り口で、徳丸ゆき子さん(43歳)は語る。声には熱さがこもっているけれども、いわゆる「暑苦しさ」は感じない。言葉は明晰で論理的だが、冷ややかさはまったく感じられない。

 現在、大阪市に拠点を置く「大阪子どもの貧困アクショングループ(CPAO)」の代表を務めている徳丸さんは、大阪で起こった2つの衝撃的な出来事をきっかけとして、「子どもと親をまるごとささえる」を活動趣旨とするCPAOを立ち上げた。2つの衝撃的な出来事とは、2010年の2児放置死事件・2013年の母子変死事件だ。

 CPAOの活動内容は、「しらべる(調査・レポート作成)」「みつける(アウトリーチ)」「つなげる(相談事業)」「ほぐす(直接支援・介入)」と多岐にわたっている。また徳丸さんは、前回の「緊急アクション関西『子どもの貧困対策大綱できてんて? ほんで、どうすんねん?』」の呼びかけ人の一人でもある。

 「いつも、子どもたちに『とにかく生きよう』と言っているんです。お母さんたちは、プライドが傷つくことを恐れていたり、世間体を気にしていたりするんですけど」(徳丸さん)

 生きたいと望むのは、生き物である人間が当然持っている本能であるはずだ。

 「でも、『死ねばいいやん』と自棄を起こす子どもたちも多いし、大人の自殺も多いです」(徳丸さん)

 とにかく生き延びた先に見えるものが希望や尊厳ではなく絶望や屈辱であるとしたら、「自殺を先送りして生き延びよう」と考えるのは確かに難しい。「生きていれば何か良いことがあるかも」と自分に言い聞かせようとしても、必死で口に出したところに「ただの可能性、あくまで『かもしれない』」という冷笑を浴びせる人も多い。その冷笑は、ギリギリのところで持ちこたえている心を決定的に折ってしまうかもしれない。一度そんなことがあると、自分を励ますための言葉を思い浮かべることも、口に出すこともできなくなる。自殺を考えるような状況に追い込まれたとき、筆者はそうだった。

 「だから、なんとか一緒に生きていこうと言い続けなくては、夢も希望もなさすぎます」(徳丸さん)

 その重い言葉を、明るく熱く語る徳丸さん。けれども、子どもの貧困は現在進行形の、重い事実だ。

 「ええ。貧困には暗いイメージがありますよね。CPAOを設立するとき、『貧困』を入れるかどうか、ネーミングで悩みました」(徳丸さん)

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

みわよしこ [フリーランス・ライター]

1963年、福岡市長浜生まれ。1990年、東京理科大学大学院修士課程(物理学専攻)修了後、電機メーカで半導体デバイスの研究・開発に10年間従事。在職中より執筆活動を開始、2000年より著述業に専念。主な守備範囲はコンピュータ全般。2004年、運動障害が発生(2007年に障害認定)したことから、社会保障・社会福祉に問題意識を向けはじめた。現在は電動車椅子を使用。東京23区西端近く、農園や竹やぶに囲まれた地域で、1匹の高齢猫と暮らす。日常雑記ブログはこちら


生活保護のリアル みわよしこ

急増する生活保護費の不正受給が社会問題化する昨今。「生活保護」制度自体の見直しまでもが取りざたされはじめている。本連載では、生活保護という制度・その周辺の人々の素顔を知ってもらうことを目的とし、制度そのものの解説とともに、生活保護受給者たちなどを取材。「ありのまま」の姿を紹介してゆく。

「生活保護のリアル みわよしこ」

⇒バックナンバー一覧