ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

新幹線は何をもたらしたか
日本を変えた50年間の経済効果

週刊ダイヤモンド編集部
【14/9/20号】 2014年9月16日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

日本のライフスタイルを変えた
新幹線の経済需要創出効果

 「ピラミッド、万里の長城、戦艦大和に次ぐ、無用の長物」。建設費用は3000億円、当時の国家予算の1割にも相当する東海道新幹線は開業に当たり、世間から、このようにやゆされた。

 しかし、1964年に開業すると、こうしたネガティブな声は吹き飛んだ。この50年間、死亡事故もなく、ビジネス、観光、地方経済に大きな影響を与え、日本人のライフスタイルのみならず、思考体系まで一変させたのだ。

 新幹線登場前、ビジネス特急「こだま」は東京~大阪間を6時間50分で結んだが、新幹線の開業で4時間に短縮された。

 節約された時間を基に、当時の賃金から試算された時間短縮の効果は年2500億円、つまり2年間で建設費のお釣りが出る計算だ。

 50年間積み重ねるとその効果は天文学的数字になる。当時の平均年収は41万円にすぎないが、現在は9倍弱の350万円(国税庁民間給与実態統計調査)になっているからだ。しかも、今や東京~大阪間は約2時間半にまで縮まっており、時短効果はさらに上積みされる。

 東海道新幹線の日本経済への貢献は、それだけでない。工場誘致など、開業時ですでに、経済需要の創出効果は9000億円発生したと国鉄は試算している。

 今もなお新幹線誘致の声がやまないのは、この経済効果を期待してのことだ。小ぶりな北陸新幹線ですら開業10年で1300億円のGDP押し上げ効果があると推計されている。

 ビジネス需要だけではない。お盆や正月など今では多くの日本人が帰省し風物詩となったが、これも在来線と自家用車と飛行機という選択肢しかなければ、少し違った景色になっていただろう。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ

最新号の読みどころを特集担当者の視点でお伝えします。時には紙幅の関係から記事にできなかった取材の内側など、「ここだけの話」も満載です。

「今週の週刊ダイヤモンド ここが見どころ」

⇒バックナンバー一覧