ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
Another Angle

【秘蔵写真満載!連載第2回】
世界でもっともノーベル賞受賞者を輩出した街
米ボストンが生んだ天才たちの肖像

ダイヤモンド・オンライン編集部
【第2回】 2014年10月9日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 赤崎勇・名城大学教授、天野浩・名古屋大学教授、中村修二・米カリフォルニア大学サンタバーバラ校教授の、三氏のノーベル物理学賞受賞に沸く日本だが、毎年のようにノーベル賞受賞者を輩出する都市が、米マサチューセッツ州ボストンだ。

 大学別ノーベル賞受賞数のトップ5は、ハーバード大学(米国、ボストン)、コロンビア大学(米国、ニューヨーク)、ケンブリッジ大学(英国、ケンブリッジ)、シカゴ大学(米国、シカゴ)、マサチューセッツ工科大学(米国、ボストン)で、ボストンにキャンパスを構える大学が二つもランクインしている。ボストンはまさに「知の集積地」という表現がぴったりと当てはまる。

 そこで、1970年代から10年毎に各一人ずつ、ボストンが排出したノーベル賞受賞者を写真で振り返ってみよう。その中には、ハーバード大学ロースクール出身のバラク・オバマ アメリカ合衆国大統領も含まれる。

<1970年代>
ポール A. サミュエルソン(Paul A. Samuelson)

Photo by Rick Friedman, 2005


  1915年5月15日~2009年12月13日。インディアナ州ゲーリー生まれ。受賞時はマサチューセッツ工科大学(MIT)教授。1935年、シカゴ大学で学士取得。1936年ハーバード大学修士、1941年同大学博士号取得。1947年よりマサチューセッツ工科大学教授。ベン・バーナンキ米連邦準備理事会(FRB)前議長、ポール・クルーグマン・プリンストン大学教授(2008年ノーベル経済学賞受賞)の師でもある。1970年、ノーベル経済学賞受賞。1996年、アメリカ国家科学賞受賞。「経済学の巨匠」と呼ばれる。経済学者のロバート・サマーズ氏は実弟。クリントン政権での財務長官、オバマ政権で国家経済会議(NEC)委員長、ハーバード大学学長を務めたローレンス・サマーズ氏は甥にあたる。


<1980年代>
エリ・ヴィーゼル(Elie Wiesel)

Photo by Rick Friedman, 1992


 1928年9月30日、ルーマニア、シゲトゥ生まれ。受賞時はボストン大学教授。ユダヤ人で作家、哲学者。1944年、ナチス・ドイツによって家族全員がアウシュビッツ強制収容所へ送られる。1945年、父とエリはブーヘンヴァルト強制収容所へ送られ、同年解放される。当時エリは17歳。両親と妹を亡くし、生き残った姉二人とはその後再会を果たす。パリへ渡り、ソルボンヌ大学へ進学。卒業後、ジャーナリストとして働き始める。1963年、アメリカに帰化し、1976年よりボストン大学教授。ナチス・ドイツによる大量虐殺の目撃者として、講演、執筆を続ける。1986年、ノーベル平和賞受賞。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事


Another Angle

どんなに詳細な描写を書き込んだ原稿よりも、たった一枚ですべてを語ってしまう力をもってしまうのが報道写真です。本連載では国内外で日々起こるニュースや時代を象徴するテーマなどを、写真によって語り、振り返る。

「Another Angle」

⇒バックナンバー一覧