ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
【NHK式+心理学】一分で一生の信頼を勝ち取る法
【第8回】 2014年10月23日
著者・コラム紹介バックナンバー
矢野香

【第8回】
「NHK式」NG行為!
これをやると、ますます緊張する!
やってはいけないワースト5(後篇)

1
nextpage

話題の書『【NHK式+心理学】一分で一生の信頼を勝ち取る法』著者で、NHKキャスター歴17年の矢野香氏に、「これをやると、ますます緊張する!やってはいけないワースト5」を伝授してもらった。今回はその後篇。いよいよ「ワースト3」を紹介! あなたも、「NHK式」NG行為を、知らず知らずにやっていないだろうか?

矢野 香(やの・かおり) スピーチコンサルタント。信頼を勝ち取る「正統派スピーチ」指導の第一人者。 NHKキャスター歴17年。おもにニュース報道番組を担当し、番組視聴率20%超えを記録した実績を持つ。 大学院では、心理学の見地から「話をする人の印象形成」を研究し、修士号取得。 現在は、国立大学の教員としてスピーチ研究を続けながら、政治家、経営者、上級管理職、ビジネスパーソン、学生などに「信頼を勝ち取るスキル」を伝授。 相手に与える印象の分析・改善力に定評があり、話し方・表情・動作を総合的に指導。全国から研修・講演依頼があとをたたない。 著書に、ベストセラーとなった『その話し方では軽すぎます!――エグゼクティブが鍛えている「人前で話す技法」』(すばる舎)などがある。 【著者オフィシャルサイトはこちら】

 好評だった前回の連載【第7回】で、NHKのアナウンサーでも当然、緊張する。しかし、緊張をコントロールする方法を知っている、という話をしました。
 今回は、その続きです。

「これをやると、ますます緊張する! やってはいけないワースト5」

 前回は、ワースト第5位――まったく緊張しない、ワースト第4位――準備不足、まで説明しました。いよいよワースト第3位からワースト第1位を紹介します。

「NHK式」これをやると、ますます緊張する! やってはいけないワースト3

●ワースト第3位――間違った深呼吸

 「緊張した。リラックスしなきゃ」

 とりあえず深呼吸という方も多いことでしょう。あなたのその深呼吸は、正しい深呼吸でしょうか?

 いま、試しにこれを読みながら深呼吸をしてみてください。

 はいどうぞ。

 いま、「大きく吸って~吐いて~」という深呼吸をしたあなた。

 残念ながら間違えです。

「吸って、吐いて~」の深呼吸は、ますます緊張を高めるだけです。
 やってはいけません。

 なぜならば、緊張状態というのは、身体は過呼吸の状態になっています。そこにまた吸うと、さらに呼吸が苦しくなります。
 緊張を解くための深呼吸は、「吸って、吐く」ではなくて、

「吐いて、吸う」です。

 まずは、吸うことを考えず吐くのです。

 「もう息を吐けない!」と思うまで吐き続け、その後、口を押さえて鼻から息を吸います。

 その後は、自然に息をスーっと口から吐きましょう。
 このときは、通常の呼吸でOKです。

 この深呼吸により、新しい空気をたっぷりと肺に入れ込むことができ緊張が解けます。

●ワースト第2位――手を身体の前で重ねる

 この場合の手とは、いわゆるお辞儀をするときの手です。
 人前で話すのだから、きちんとした姿勢をとらねば、と思い、「手を身体の前で重ねる」。

 これは緊張するためのポーズのようなものです。

 やってはいけません。

 特に女性に多い例です。マナーとしてよかれと思っているポーズですが、このポーズをとると、身体に余計な力が入り、ますます緊張します。

 両手は身体の横に自然に沿わせましょう。
 実際におじぎをするときだけ、手を前で重ね、お辞儀が終わったらまた横に戻す。それで十分に丁寧さは伝わります。

次のページ>> ワースト第1位は?
1
nextpage
スペシャル・インフォメーションPR
ダイヤモンド・オンライン 関連記事
自分の時間を取り戻そう

自分の時間を取り戻そう

ちきりん 著

定価(税込):本体1,500円+税   発行年月:2016年11月

<内容紹介>
生産性は、論理的思考と同じように、単なるスキルに止まらず価値観や判断軸ともなる重要なもの。しかし日本のホワイトカラー業務では無視され続け、それが意味のない長時間労働と日本経済低迷の一因となっています。そうした状況を打開するため、超人気ブロガーが生産性の重要性と上げ方を多数の事例とともに解説します。

本を購入する
ダイヤモンド社の電子書籍
(POSデータ調べ、11/20~11/26)


注目のトピックスPR


矢野香(やの・かおり)

スピーチコンサルタント。信頼を勝ち取る「正統派スピーチ」指導の第一人者。
NHKでのキャスター歴17年。おもにニュース報道番組を担当し、番組視聴率20%超えを記録した実績を持つ。
大学院では、心理学の見地から「話をする人の印象形成」を研究し、修士号取得。
現在は、国立大学の教員としてスピーチ研究を続けながら、政治家、経営者、上級管理職、ビジネスパーソン、学生などに「信頼を勝ち取るスキル」を伝授。
相手に与える印象の分析・改善力に定評があり、話し方・表情・動作を総合的に指導。全国から研修・講演依頼があとをたたない。
著書に、ベストセラーとなった『その話し方では軽すぎます!――エグゼクティブが鍛えている「人前で話す技法」』(すばる舎)などがある。
【著者オフィシャルサイト】
http://www.authenty.co.jp
 


【NHK式+心理学】一分で一生の信頼を勝ち取る法

「NHK式7つのルール」+心理学=最強の話し方!NHKキャスター歴17年。現在は、国立大学の教員としてスピーチ研究を続けながら、政治家、ビジネスパーソン、学生などに「信頼を勝ち取るスキル」を伝授している著者が、「NHK式7つのルール」と+αの心理学テクニックを一挙公開!89年受け継がれてきた「NHKの話し方」とは?【NHK式+心理学】の集大成!簡単&最強1分自己紹介とは?

「【NHK式+心理学】一分で一生の信頼を勝ち取る法」

⇒バックナンバー一覧