ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴

産科医療補償制度のその後
持続可能な制度に生まれ変われるか?

早川幸子 [フリーライター]
【第83回】 2014年11月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

 前回は、会社員が加入している健康保険の傷病手当金の計算方法が、来年度から見直されることをお伝えした。だが、制度の見直しは、これだけではない。

 来年は、傷病手当金のほかにも、健康保険の制度改正がいくつも予定されており、そのひとつが分娩費用の補助を目的とした出産育児一時金だ。

大野病院事件を契機として
産科医療補償制度が創設

 妊娠・出産は病気ではないので、お産のために医療機関を受診しても、原則的に健康保険は適用されない。とはいえ、妊娠高血圧症候群、胎盤の異常などによって母体が危険にさらされることもある。安全に出産するためには、妊娠中から定期的な健診を受けることが大切なので、今ではほとんどの人が産科の病院や診療所、助産院などで出産している。

 こうした妊娠・出産にかかる費用をカバーするために、健康保険から現金給付されているのが出産育児一時金だ。

 以前は、会社員の健康保険では「分娩費」、自営業の国民健康保険では「助産費」と呼ばれていたが、1994年にいずれも「出産育児一時金」という名称に変更され、法定給付額も子どもひとりにつき30万円に統一された。その後、分娩費用の上昇などを考慮して、2006年には35万円に引き上げられた。

 この出産育児一時金に、産科医療補償制度の掛け金の加算が行われるようになったのが2009年1月だ。

 産科医療補償制度は、分娩中の事故などで子どもが重度の脳性麻痺などの障害を負った場合に、速やかに補償金を支払うことで、産科医などの負担を軽減することを目的に創設された。

 契機となったのは、2004年12月に起きた福島県立大野病院産科医逮捕事件だ。帝王切開の手術中に患者が死亡し、執刀した産婦人科医が業務上過失致死・医師法違反の容疑で逮捕され、医療界に激震が走る。

1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

早川幸子(はやかわ・ゆきこ) [フリーライター]

1968年、千葉県生まれ。明治大学文学部卒業。編集プロダクション勤務後、99年に独立し、以後フリーランスのライターとして女性週刊誌やマネー誌に、医療、民間保険、社会保障、節約などの記事を寄稿。現在、ダイヤモンドオンライン「知らないと損する! 医療費の裏ワザと落とし穴」、医薬経済社「ウラから見た医療経済」などのウェブサイトに連載中。13年4月から朝日新聞土曜版be on Saturday(青be)の「お金のミカタ」を執筆。「日本の医療を守る市民の会」発起人。


知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴

国民の健康を支えている公的医療保険(健康保険)。ふだんはそのありがたみを感じることは少ないが、病気やケガをしたとき、健康保険の保障内容を知らないと損することが多い。民間の医療保険に入る前に知っておきたい健康保険の優れた保障内容を紹介する。

「知らないと損する!医療費の裏ワザと落とし穴」

⇒バックナンバー一覧