ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
『週刊ダイヤモンド』特別レポート

続報アップルvs島野製作所
証拠メールが暴く事の顛末

週刊ダイヤモンド編集部
2014年11月7日
著者・コラム紹介バックナンバー
1
nextpage

週刊ダイヤモンド11月1日号で既報の通り、米アップルを1次サプライヤーの島野製作所が独占禁止法違反と特許権侵害で訴えた。

今回の訴訟で、アップル製ノートパソコンMacBook ProとMacBook Air(写真)が日本での販売差し止めを請求されている
Photo by Takahisa Suzuki

 衝撃に拍車をかけたのが、アップルの資材調達担当者が島野に送ったされるメールが、証拠資料として明るみに出たことだ。その文面からは、数年に及ぶアップルとの生々しいやり取りと、島野が訴えるに至った背景が見て取れる。

 「最新のフォーキャスト(出荷予測)に基づいた、C6用ピンの供給計画を送ってもらえますか」「今すぐその情報が必要だ」

 2012年2月初め、アップルの担当者はノートパソコンMacBook ProやMacBook Airの電源アダプタ接合部に必要な特注ピンの供給計画が、島野から送られてこないことに焦っていたようだ。

 「先月日本で話し合ったように、4月の需要に応える約束はまだできない」「現在(出荷予測)量も増えてきており、再検討に時間がかかる」と返答する島野に、「事情は理解しているが供給計画が一刻も早く必要だ」と切り返した。

 さらに「東京での話し合いでは、1月31日までに渡してくれるはずだった」「今週末までに供給計画を渡せるように、あらゆる手段を講じてほしい」と迫った。文面の最後には「島野はC6のサプライヤーの中で唯一、供給計画を提出できていない。アップルの上級幹部たちから島野が目を付けられてほしくない」とまで添えた。

次のページ>> 和解金狙いではない
1
nextpage
関連記事
スペシャル・インフォメーションPR
クチコミ・コメント

DOL PREMIUM

PR
【デジタル変革の現場】

企業のデジタル変革
最先端レポート

先進企業が取り組むデジタル・トランスフォーメーションと、それを支えるITとは。

経営戦略最新記事» トップページを見る

最新ビジネスニュース

Reuters

注目のトピックスPR

話題の記事

週刊ダイヤモンド編集部


『週刊ダイヤモンド』特別レポート

『週刊ダイヤモンド』編集部厳選の特別寄稿と編集部による取材レポートを掲載。本誌と連動した様々なテーマで、経済・世相の「いま」を掘り下げていきます。

「『週刊ダイヤモンド』特別レポート」

⇒バックナンバー一覧